『アゲイン』/ディック & キズ・ハープ+2』/
ディック & キズ・ハープ+2 Again! + 2/Dick & Kiz Harp

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presentsスタンダード・ヴォーカル・アルバムの復刻・発掘>『アゲイン』/ディック & キズ・ハープ+2

『アゲイン+2』/
ディック & キズ・ハープ
Again! + 2/
Dick & Kiz Harp
\2800 (XQAM-1037) 原盤:90th Floor Record
1959年/ダラス 男女ヴォーカル・デュオの頂点、
ジャッキー・アンド・ロイに迫った
数少ないグループ
“ディック & キズ・ハープ” の二作目、
【日本初登場】
>>購入する  

  1950年代後半、ダラスのライヴ・シーンで大人気を博したおしどりコンビによる、 ウィットとユーモア、洒落っ気と機智にとんだステージを再現。
 


1. Fly Me to the Moon (In Other Words)/フライ・ミー・トゥ・ザー・ムーン  >>試聴
2. Dearest, Darest I - Thou Swell/ディアレスト、デアレスト・アイ 〜 ザウ・スウェル  >>試聴
3. Winter Warm/ウィンター・ウォーム  >>試聴
4. The Great Indoors/ザ・グレート・インドアズ  >>試聴
5. If I Should Lose You/イフ・アイ・シュッド・ルーズ・ユー >>試聴
6. Fugue for Tinhorns/賭博師のためのフーガ  >>試聴
7. Fugue for Tinhorns (ending)/賭博師のためのフーガ(エンディング)  >>試聴
8. The More I See You/ザ・モア・アイ・シー・ユー  >>試聴
9. The Trolley Song/ザ・トロリー・ソング  >>試聴
10. God Bless the Child/ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド  >>試聴
11. Let Me Love You/レット・ミー・ラヴ・ユー  >>試聴
12. Spring Can Really Hang You Up the Most/
   スプリング・キャン・リアリー・ハング・ユー・アップ・ザ・モースト  >>試聴
13. A Wonderful Guy/ア・ワンダフル・ガイ  >>試聴
14. On Green Dolphin Street/オン・グリーン・ドルフィン・ストリート  >>試聴
15. My Heart Is a Hobo/マイ・ハート・イズ・ア・ホーボー  >>試聴

 

   ビヴァリー・ケニーとキズ・ハープは1960年に突然この世からいなくなってしまった(*)が、1960年代のはじめごろふたりは私にとって一番気になる女性シンガーだった。当時ビヴァリーのアルバムは簡単に入手できたが、キズはテキサス州ダラスの音楽ファンの間でのみ知られた存在だった。それでも彼女(と夫のディック)のアルバムはテキサス以外のいくつかの州でも売られていた。私はウェスト・ヴァージニアのチャールストンにあったレコード店で『アゲイン!』に遭遇した。選曲が面白かったこととアルバムが1枚4ドルの時代に1ドルだったので買おうと決心した。このレコードで初めて知ったキズとこのデュオにたちまち魅せられたが、四方八方手をつくせど彼らに関する情報はほとんどなかった。

 そしてインターネットの時代に入った2000年、スペアで持っていた2枚目の『アゲイン!』をオークション・サイトのeBayに出品した。どんな反応があるか見たかったからである。8名からビッドがあり、ディック&キズ(あるいはキズ)に関心のある人は私をふくめ少なくとも9人はいることがわかった。落札者からメールがきて驚いた。「私はディック・ハープの義理の息子です。キズが亡くなって数年後に私の母と結婚し、ときどき演奏したりレコーディングしたりしていましたが、2年半ほど前に亡くなりました。 ピーター・ブロック」。

 ブロック氏はこのアルバムを持っていなかったということだ。私はこのレコードをプレゼントすることにした。すると彼からはお礼にと、ディックの素晴らしいソロ・アルバムが送られてきた。キズ死後の作品である。

彼や他のオークション参加者などと連絡をとり合った結果、アルバム『アゲイン!』の原盤所有者は90th Floorレーベルのブルース・コリアーであることがわかった。ちょうど私がSSJレーベルに関わるようになったころのことである。そして2006年、SSJから「90th Floorというレーベルを知っているか?」というメールがきたので、私は確信をもって回答することができた。結果、90th Floorのアルバム4枚がSSJからリリースされることとなった。

 もうひとりのお気に入りビヴァリー・ケニーについていえば、未発表音源集『二人でお茶を+1』(XQAM-1003)が2007年8月23日にSSJからリリースされたが、この日は90th Floorの『エンジェル・アイズ+2/ディック&キズ・ハープ』(XQAM-1005)と『ナイス・ン・イージー/マル・フィッチ』(XQAM-1004)が発売された日でもある。

 何十年にもわたって愛してやまないふたりの女性シンガーの埋もれた作品が、私にとって第二の故郷ともいえる日本で陽の目を見るお手伝いをすることになろうとは夢にも思っていなかった。いくつもの偶然が重なったことによるすばらしい成果である。

(2009.6.5? ビル・リード)

(*)『エンジェル・アイズ+2』のライナーで、「キズが亡くなったのは、このアルバムがリリースされた1959年12月の直前」という趣旨のことを書いた。これはレーベル・オーナーのブルース・コリアーに問い合わせた結果である。ビル・リード氏は「いろいろな情報を総合すると、キズが亡くなったのは1960年12月、29歳のとき。デビュー・アルバムが出たのはそれより前で、『アゲイン!』が出たのは1961年。何人かのファンにも確認した」とのことである。(三具保夫)

 

 

ディック&キズ・ハープ?

 ディック・アンド・キズ・ハープをご存知の方は相当のヴォーカル通である。ジャズの勢力分布的に僻地にあたるテキサス州のダラスを拠点としたローカルなヴォーカル・デュオなので、日本のジャズ・ファン、ヴォーカル・ファンが知らないのは無理からぬことだが、彼の地にあっては大変な人気者で、銀幕のスター、マレーネ・デートリッヒやニューヨーク・ヤンキースの大打者ミーキー・マントル、音楽関係者ではスタン・ケントンやトニー・ベネットも噂を聞いて彼らのクラブ(The 90th Floor)に足を運んだし、ニューヨークやシカゴ、ロスのメジャーからレコーディングの誘いを受けていた。
 ふたりのアルバムは2枚しか存在しない。『エンジェル・アイズ』は1960年にリリースされたが、1960年12月にキズは脳内出血で急逝してしまった。このデビュー作は『ダウンビート』誌や評論家のレナード・フェザーらによって高く評価され、1961年にリリースされた2作目の『アゲイン!』はそれを超える評価を得た。
 これら2枚のアルバムをライヴ・レコーディングしたのは当時20歳そこそこの若者ブルース・コリアーである。その成果を世に問うため、クラブと同じそしてかなり風変わりな名前の90th Floor Recordsを興し、これまた洒脱でユニークなヴォーカリストのマル・フィッチによるカルト的な人気アルバム『ナイス・ン・イージー』も制作した(スタジオ録音)。ブルースは1961年に徴兵されベトナムへ赴き1963年に除隊するが、不在の間友人に託していたレーベルをたたんでしまう。1998年に再び活動を開始し新しいアルバムを制作したり過去の音源を掘り起こしたりと、地道な活動を続けている。

ふたりの略歴

 ディック・ハープはインディアナ州出身。ピアニストとしてシカゴで活動したがうまく行かずインディアナのサウスベンドへ移り、ここでキジー・アン・ハリスと知り合い結婚、コンビを組んでシカゴに再チャレンジし、徐々に人気が出てきた。1956年1月ダラスの小さなクラブからのオファーに応えて、ふたりはベースのライニー・プレスと車でダラスに赴いた。都会的でウィットにとんだ彼らのショウは評判をよび、2週間の契約は50週に及んだ。ダラス定住を決意した二人はダウンタウンに見つけた地下の倉庫を自分たちのクラブに衣替し、ここを拠点に活動を続け、「音楽に耳を傾けてほしい、おしゃべりは控えて」という看板For Listeners Onlyを掲げたこのクラブThe 90th Floorはダラスのランドマークとなった。
 ディックはキズの死後1963年にクラブを閉鎖し、その後再婚して写真家に転進、1997年に長い闘病生活の末に亡くなっている。



【 曲目 】

@  フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン(イン・アザー・ワーズ)
バード・ハワードが1954年に作詞作曲。そのときはワルツ・テンポで「イン・アザー・ワーズ」というタイトル、それほど評判にはならなかった。1962年にピアニストのジョー・ハーネルがボサノヴァのリズムで軽快に弾いてから俄然注目を集めるようになり、タイトルも現在のものに変わった。ディック&キズが1959年の時点で取り上げたことは評価できる。

A ディアレスト、デアレスト・アイ 〜 ザウ・スウェル
前者はジョニー・バーク(詞)とジミー・ヴァン・ヒューゼン(曲)のコンビによる1940年の珍しい曲。映画『ラヴ・ザ・ネイバー』(日本劇場未公開)で紹介された。後者はロレンツ・ハート作詞、リチャード・ロジャース作曲で、1927年のブロードウェイ・ミュージカル『ア・コネチカット・ヤンキー』で紹介された。

B ウィンター・ウォーム
これも珍しいナンバーだ。後年の黄金コンビ、ハル・デイヴィッド(詞)とバート・バカラック(曲)初期の作品。1957年にゲイル・ストームがドットに吹き込んでいる。

C ザ・グレート・インドアズ
珍しい曲が続く。コール・ポーターが1930年に作詞作曲してブロードウェイ・ミュージカル『ザ・ニューヨーカーズ』でフランセス・ウィリアムズが紹介した。このミュージカルでは「ラヴ・フォー・セール」が有名。

D イフ・アイ・シュッド・ルーズ・ユー
レオ・ロビンとラルフ・レインジャー1935年の共作。翌年公開のミュージカル映画『ローズ・オブ・ザ・ランチョ』(日本劇場未公開)で歌われた。アカデミー主題歌賞を受賞した「サンクス・フォー・ザ・メモリーズ」はふたりの作品。

EF賭博師のためのフーガ
フランク・レッサーが作詞作曲して、1945年のブロードウェイ・ミュージカル『ガイズ・アンド・ドールズ』、1955年の映画化『野郎どもと女たち』で歌われた。ここではベースのライニー・プレスも交えて、ミュージカルで歌われたように三輪唱を試みるが、途中で混乱をきたしてやり直す。

G ザ・モア・アイ・シー・ユー
マック・ゴードンが作詞、ハリー・ウォーレンが作曲して、1945年のミュージカル映画『ダイヤモンド・ホースシュー』(日本劇場未公開)でディック・ヘイムズが歌った。

H ザ・トロリー・ソング
ヒュー・マーティンとラルフ・ブレインの共作で、1944年のミュージカル映画『若草の頃』でジュディ・ガーランドが歌い、アカデミー主題歌賞にノミネートされた。

I ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド
ビリー・ホリデイとアーサー・ハーゾグ・ジュニア1941年の共作で、ビリーが自分の体験を歌にしたようだが、アイロニーに満ちている。創唱はもちろんビリー。

J レット・ミー・ラヴ・ユー
@に続きバート・ハワードの作品で1954年の発表。メイブル・マーサーによって紹介され、その後多くのシンガーが取り上げている。ディック&キズはデビュー・アルバムで「ユー・アー・ノット・マイ・ファースト・ラヴ」というバート・ハワードの無名曲を歌っていた(1953年、ピーター・ウィンザーとの共作)。

K スプリング・キャン・リアリー・ハング・ユー・アップ・ザ・モースト
1955年にフラン・ランデスマンが作詞、トミー・ウルフが作曲した作品で、ジャッキー・アンド・ロイが取り上げてから次第に注目を集めるようになった。

L ア・ワンダフル・ガイ
ミュージカル『南太平洋』からのナンバー。作詞はオスカー・ハマースタイン2世、作曲はリチャード・ロジャース。1949年のブロードウェイではメリー・マーティンが、1958年の映画化ではミッツィ・ゲイナーが歌った。

M オン・グリーン・ドルフィン・ストリート(ボーナス・トラック)
1947年の映画『大地は怒る(グリーン・ドルフィン・ストリート)』のためにブロニスロー・ケイパーが書いたメロディーに、ネッド・ワシントンが歌詞をつけた。ジャズメンに人気のナンバーで、1958年に録音されたマイルス・デイヴィス・セクステットのコロンビア盤が評判となった。ふたりも聴いて取り上げたのか?

N マイ・ハート・イズ・ア・ホーボー(ボーナス・トラック)
最後はジョニー・バークとジミー・ヴァン・ヒューゼン。1947年の映画『楽し我が道』でビング・クロスビーが歌った。

≪Debut album by Dick & Kiz Harp≫
『エンジェル・アイズ+2/Dick And Kiz Harp At The 90th Floor + 2』
(XQAM-1005)
半世紀たった今も語り継がれる洒脱さとウィットに富んだ
伝説のヴォーカル・デュオ“ディック&キズ”によるデビュー・アルバム。
日本初登場。

(2009.6.9 三具保夫)
上にもどる
 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。