『アイヴ・ビーン・ゼア』/ジェーン・ハーヴェイ』/
ジェーン・ハーヴェイ I’ve Been There/Jane Harvey 

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presentsスタンダード・ヴォーカル・アルバムの復刻・発掘>『アイヴ・ビーン・ゼア』/ジェーン・ハーヴェイ

『アイヴ・ビーン・ゼア』/
ジェーン・ハーヴェイ
I’ve Been There/
Jane Harvey 
\2800 (XQAM-1042) 原盤:Audio Fidelity → JH Productions
録音:1964年/ロンドン 世界初CD化
>>購入する  

ベニー・グッドマンも認めた実力派美人シンガー、ジェーン・ハーヴェイが ロンドンで録音した、じみじみとした味わいに充ちた大人のバラード集  
 


1. It Never Entered My Mind/イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド  >>試聴
2. God Bless the Child/ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド  >>試聴
3. The Music That Makes Me Dance/ザ・ミュージック・ザット・メイクス・ミー・ダンス  >>試聴
4. I'll Never Go There Anymore/アイル・ネヴァー・ゴー・ゼア・エニモア  >>試聴
5. Ev'ry Time/ エヴリタイム >>試聴
6. Guess I'll Hang My Tears Out to Dry/ 涙にぬれて  >>試聴
7. Bye Bye Blues/バイ・バイ・ブルース  >>試聴
8. How Long Has This Been Going On?/ハウ・ロング・ハズ・ジス・ビーン・ゴーイング・オン?  >>試聴
9. My Ship/マイ・シップ  >>試聴
10. Here's That Rainy Day/ ヒアズ・ザット・レイニー・デイ   >>試聴
11.The Glory of Love/ザ・グローリー・オブ・ラヴ  >>試聴
12. Look at That Face/ ルック・アット・ザット・フェイス  >>試聴

 


今ふたたび、ジェーン・ハーヴェイ


 『ジェーン・ハーヴェイ・シングス・ソンドハイム』(SSJ XQAM-1039)に続くジェーンのアルバムの登場だ。昨年初めてCD化された彼女のデビュー・アルバム『リーヴ・イット・トゥ・ジェーン!』(ドット)を入れると彼女の作品が立て続けに3作登場ということになる。そして、何と11月には彼女本人が日本へやって来て、昨晩「ジェーン・ハーヴェイを囲む会」のファンの前で素晴らしい歌を聞かせてくれた。『アイヴ・ビーン・ゼア』(Audio Fidelity)は1964年の録音、彼女の2枚目の作品である。
 ジェーン・ハーヴェイは、いろいろと評価のわかれる1958年録音のビリー・ホリデイのラスト・アルバム『レイディ・イン・サテン』(コロンビア)が好きだった。ビリー・ホリデイをサポートするオーケストラのストリングスの使い方にすっかり惚れこんでしまったのだ。編曲と指揮を担当したのは、レイ・エリスだった。彼女もこんなバックで歌ってこんなアルバムを作ってみたい、と思っていたが、ニューヨークのウェスチェスターに住んでいた頃、あるパーティーでレイ・エリスに会って話す機会が訪れてきた。彼女が、自分の希望を話すとレイは、大変好意的に受けてくれた。
 その頃、ジェーンは、フロリダのフルーツ協会のコマーシャルをやっていて、幾つものCMを作っていた。同協会は、彼女のことを大変気に入ってくれていて、新しいアルバムを作る話をすると、喜んでスポンサーになってくれた。彼女が選曲して、レイ・エリスと彼が仕事中のスタジオで会い、各曲のキーを決めて編曲のためのアドヴァンス(前払い)のお金も払って何時でも録音に入れる用意をした。『レイディ・イン・サテン』は、ビリー・ホリデイが晩年、自分の過去を振り返って作ったような作品だったが、ジェーンもアルバムのタイトル『アイヴ・ビーン・ゼア』が示すように、自分の人生を振り返ってのその場面その場面に合わせたような選曲をしている。『レイディ・イン・サテン』と同じようにすべてがスローなバラードだ。 ジェーンとしては、一日でも早くレイ・エリスと録音をしたい気持ちだった。しかし、レイ・エリスは売れっ子のアレンジャー、コンダクターでなかなか時間が空かない。そうこうする中にレイは、リナ・ホーンとの仕事のために長期間ロンドンに滞在することになる。スタジオも押さえておくから、ロンドンでレコーディングしないか、とレイから云われたジェーンは、喜んでロンドンへ駆けつけた。彼に電話すると「アレ、あなたここで何しているの?」といったとぼけた返事が返ってきて吃驚した。彼は、すっかり約束を忘れていたのだ。それからが大変で、スタジオは探すは譜面は用意するはで、すったもんだして、やっと押さえたスタジオの時間が二日間、朝の9時からというものだった。歌手にとって朝9時から歌うという仕事は大変きついものだが、そうした困難を克服して出来上がったのが本アルバムである。事件はあったが、レイ・エリスとはすっかり良い友人になった。後の『ジ・アザー・サイド・オブ・ソンドハイム』(アトランティック)の録音でも彼に編曲、指揮の仕事を頼んでいる。このときもレイは譜面を忘れてきたり、といろいろあったが、何となく頼りないレイが今では懐かしいという。このときの録音で鮮明に覚えているのは、彼女が大好きだった「アイル・ネヴァー・ゴー・ゼア・エニモア」を歌ったとき、歌の内容に共感するものがあったのかジェーンの歌に感動したのか、録音技師が大粒の涙をぼろぼろと流していた場面だという。


ジェーンのキャリア

 ジェーン・ハーヴェイは、本名をフィリス・タフといい、ニュージャージー州ジャージー・シティ生まれ。子供の頃から歌が好きで、学校を卒業後プロとなり、ニューヨークのクラブ「カフェ・ソサエティ」で歌っていた時、ベニー・グッドマンに認められ、1945年にグッドマン楽団の専属歌手となる。ツアーが苦手で一年程で退団、独立して有名な「ブルー・エンジェル」で歌っていた時、ラテン・バンドのデジー・アーネスから彼のバンドと一緒にロサンジェルスへ行かないかと誘われ、一旦は断るが、彼の仲間であるボブ・ホープのラジオ・ショウにも出演させるという話で、ハリウッドへ行き、クラブ「シロス」に出演、これが大成功で一夜にしてスターとなる。1949年にABC TVの番組『レッツ・ゼア・ビー・スターズ』に出演、1950年、ジェリー・レスターによるTVトーク・バラエティー・ショウ『ブロードウェイ・オープン・ハウス』のレギュラーとなる。これは、後の人気番組『ザ・トゥナイト・ショウ』の前身をなす番組だった。そのほかにもスティーヴ・アレンやエド・サリヴァンのショウ等数多くのTVショウに出演、1951年には、パール・ベイリー主演のブロードウェイ・ミュージカル『ブレス・ユー・オール』にも出演している。
 レコードは、ベニー・グッドマン楽団、あるいは彼女の名義でコロンビアに、又、デジー・アーネス、ペイジ・キャヴァノウとRCAビクターにシングル盤を何枚か残している。彼女名義のシングル盤は、その他にもシグネチュア、MGMにも何枚かある。LPアルバムとしては、ドット・レーベルの1959年の『リーヴ・イット・トゥ・ジェーン!』が最初で、1964年にオーディオ・フィデリティー・レーベルから出た本アルバムは2枚目だ。これは、1984年に『イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド』とタイトルを変えてディスカヴァリーから再発された。そして1973年頃英国RCAから『ジェーン・ハーヴェイ』を発表、これに続く『スイング・トゥデイ』にも同じ時の録音が収録されている。翌1974年には、ズート・シムス等と『ファッツ・ウォーラー・リヴィジテッド』をクラシック・ジャズに録音。1988年に久々のアルバム『ジ・アザー・サイド・オブ・ソンドハイム』をアトランティック・レーベルからリリースした。この時は、マイク・レンジーのトリオで歌った録音にレイ・エリス楽団によるストリングス・オーケストラをかぶせて甘味をつけていたが、今回SSJレーベルから未発表だった曲目も増やしトリオによるオリジナルの録音のままCD化された。この中には一曲、今年録音し直したものも含まれているが、来日時にも歌ってくれた。フェニックスのように何度も「引退」から蘇り、まだま現役で活躍するジェーン・ハーヴェイだ。

 




@ イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド
ロレンツ・ハート作詞、リチャード・ロジャース作曲。1940年のミュージカル『ハイアー・アンド・ハイアー』の中で紹介された。ジェーンは、珍しくセカンド・コーラスも含めて歌っている。

Aゴッド・ブレス・ザ・チャイルド
ビリー・ホリデイが書きアーサー・ハーゾック・ジュニアが手を加えた1940年の作品。エディ・ヘイウッドのピアノで歌うレディ・デイの歌で1941年にヒットしている。

Bザ・ミュージック・ザット・メイクス・ミー・ダンス
ボブ・メリル作詞、ジュール・スタイン作曲。1964年のミュージカル『ファニ―・ガール』の中でバーブラ・ストライサンドが歌った。

Cアイル・ネヴァー・ゴー・ゼア・エニモア
ピアニストのビル・チャーラップの父で若くして亡くなったムース・チャーラップとエディ・ローレンス作詞作曲。前記の逸話も残る、ジェーンの好きだったナンバー。

Dエヴリタイム
ヒュー・マーティン、ラルフ・ブレイン作詞作曲。1941年のミュージカル『ベスト・フット・フォーワード』の中で紹介された。

E涙にぬれて
サミー・カーン作詞、ジュール・スタイン作曲。1944年のミュージカル『グラッド・トゥ・シー・ユー』の中で歌われた。ダイナ・ショアの歌が有名だ。

Fバイ・バイ・ブルース
バート・ローン、ショーンシィ・グレイ、デイヴィッド・べネット、フレッド・ハムが共作した1930年の作品。1953年にレス・ポールとメリー・フォードのレコードでリヴァィバル・ヒットしている。ヴァースから大変スローなテンポで歌われる。

Gハウ・ロング・ハズ・ジス・ビーン・ゴーイング・オン?
アイラ・ガーシュイン作詞、ジョージ・ガーシュイン作曲。1927年のミュージカル『ファニー・フェイス』のために書かれたが使われず、1928年の『ロザリー』で使われたという。オードリー・ヘップバーンの映画『ファニー・フェイス(パリの恋人)』の中では歌われた。

Hマイ・シップ
アイラ・ガーシュイン作詞、クルト・ワイル作曲。1941年のミュージカル『レイディ・イン・ザ・ダーク』の中でガートルード・ローレンスが歌った。

Iヒアズ・ザット・レイニー・デイ
ジョニー・バーク作詞、ジミー・ヴァン・ヒューゼン作曲、1953年のミュージカル『カーニヴァル・イン・フランダース』で歌われた。

Jザ・グローリー・オブ・ラヴ
ウィリアム・ヒル作詞作曲の1936年の作品。ヘレン・ウォードの歌うベニー・グッドマン楽団のレコードでヒットした。ここでは、スローなテンポで歌われる。

Kルック・アット・ザット・フェイス
イギリスのレスリー・ブリッカスとアンソニー・ニューリーが作詞作曲し、1964年のミュージカル『ザ・ロア・オブ・ザ・グリースペイント 〜 ザ・スメル・オブ・ザ・クラウド』に挿入された。

 



2009.11.12. 高田敬三
上にもどる
 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。