『アマング・ザ・スターズ+1』/ルネイ・ラフ』/
ルネイ・ラフ Among the Stars + 1/Renee Raff 

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presentsスタンダード・ヴォーカル・アルバムの復刻・発掘>『アマング・ザ・スターズ+1』/ルネイ・ラフ

『アマング・ザ・スターズ+1』/
ルネイ・ラフ
Among the Stars + 1/
Renee Raff 
\2800 (XQAM-1045) 原盤:Audio Fidelity
録音:1964年 世界初CD化
>>購入する  

美貌のシンガー、ルネイ・ラフ唯一のアルバムを世界初CD化+未発表1曲。 ハンク・ジョーンズ(p)、JJジョンソン(tb)、ジェローム・リチャードソン(ts, fl)ら、 錚々たるジャズメンがルネイをしっかりとサポート。  
 


1. Starting Tomorrow/スターティング・トゥモロウ  >>試聴
2. Let There Be Love/レット・ゼア・ビー・ラヴ  >>試聴
3. In the Interim/イン・ジ・インタラム  >>試聴
4. Willow Weep for Me/ウィロー・ウィープ・フォー・ミー  >>試聴
5. Jan Pierewiet/ ヤン・ピーラヴィット >>試聴
6. Please Don't Leave Me/ プリーズ・ドント・リーヴ・ミー  >>試聴
7. Among the Stars/アマング・ザ・スターズ  >>試聴
8. He Lied/ヒー・ライド  >>試聴
9. Mad About the Boy/マッド・アバウト・ザ・ボーイ  >>試聴
10. April's Fool/ エイプリルズ・フール   >>試聴
11.Little Girl Blue/リトル・ガール・ブルー  >>試聴
12. Butterfly With Hiccups/ バタフライ・ウィズ・ヒカップス  >>試聴
13. Waters of March (Aguas de Marco)/ 三月の水  >>試聴

 

 
 SSJレーベルの名物企画 One Shot Wonder Series 久々のリリースである。One Shot Wonder とは、素晴らしい個性や立派な歌唱力を持ちながらロックの嵐に阻まれたため、わずか1枚のアルバムで消えてしまったスタンダード・シンガーを指す言葉で、SSJは以下の作品をリリースしてきた。
  Bill Black/Down in the Depths (YKCJ-304)
  Frances Lynne/Remember (XQAM-1018)
  Carole Creveling/Here Comes Carole Creveling Vol. 1 (XQAM-1021)
  Flo Bennett/Half Past Lonely (XQAM-1026)
  Dick Noel/A Time for Love (XQAM-1027)
  Flo Handy/Smoky and Intimate (XQAM-1029)
  Sue Childs/Introducing… Sue Childs (XQAM-1030)
  Corky Shayne/In the Mood for a Song? (XQAM-1040)
 よって、今回のルネイ・ラフはシリーズ9枚目ということになる。

 さて、アルバムの主役ルネイ・ラフだが、コーキー・・シェインや(One Shot Wonder ではなく Two Shot Wonder だが)リンダ・メリルのようにアルバムのジャケットの裏面以外にほとんど情報のないシンガーだった。だが、幸いにもニューヨークのマンハッタンで今も健在であることがわかり、インタビューすることができたし、加えて未発表だった「三月の水」を収録することを快諾してくれた。電話インタビューは2010年のはじめに行われた。


ルネイのキャリア

 ルネイ・ラフは南アフリカのケープタウンで生まれた。6歳のころには聞こえてくる音をピアノで弾くことができるほど音楽的に早熟だった。家にあった小さな蓄音機でいろいろな音楽を聴いた。『アニーよ銃をとれ』を聴いたことをよく覚えているが、一番好きだったのはナット・キング・コールだった。11歳のときに聴いた彼の「フリム・フラム・ソース」でアメリカのジャズという音楽に興味を持ったが、周囲にジャズを知っている人はいなかったし、ライヴ・ハウスもなかった。まさに手探り状態でジャズにのめりこんでいったわけだが、10歳で「メイキン・フーピー」を歌っていたのは南アフリカではルネイだけだったに違いない。

 音楽で身を立てる決心をしたルネイは、10代後半にロンドンに出て音楽大学でピアノと声楽を学び、学位を取得したあとは、ロニー・スコッツ、グロスヴェナー・ハウス、レザンバサドールといったライヴ・ハウスでピアノの弾き語りとして活躍した。ここに彼女のポートレート写真が2枚ある。1枚はこのアルバムのジャケットに使われているが、もう一方の写真を見るとエリザベス・テイラーに似た白人美人だったことがわかる。ルネイはハッチズ・カサノヴァにも出演したが、このクラブはイギリスの伝説的なエンターテイナーのレスリー・ハッチンソンが経営していた。1924年24歳のときに英連邦のひとつ西インド諸島のグレナダからイギリスにやって来た褐色の美男子“ハッチ”はルネイとおなじくピアノの弾き語りで、イギリスのみならず大陸のロイヤル・ファミリーの間にも多くの庇護者をもった大変な人気者で、1920年代・30年代の英国にあって最高のギャラをとるビッグ・スターだった。

 ルネイは1962年にパリに移ったが、そのパリで出会ったのが最初の夫となるニューヨークの不動産王のひとりだった。1963年に大西洋をわたってニューヨークで結婚したルネイは落ち着く間もなく歌う機会をもとめて活動を開始した。最初に出演したのはコモドアというホテルにあったニューヨーカー・ルームだが、ここは気が滅入るほどの最低ランクのクラブだった。しばらくするとMCAがエージェート契約を結んでくれたおかげで、ウォルドルフ・アストリアのピーコック・アレイにひと夏ずっと出演することもできた。
 同時に、ルネイはレコーディング・デビューを果たすべく1964年にデモ・テープをつくり、レコード会社に売り込みを図った。スタンダード・ヴォーカルが退潮する時期と重なっていたため無名の歌手を取り上げてくれるレコード会社は見つからなかったが、オーディオ・フィデリティーのA&Rマンのバリー・オズランダー(このアルバムにプロデューサーとしてクレジットされている)が興味を示してくれたおかげで、『アマング・ザ・スターズ』(Audio Fidelity AFSD-6142)を録音することができた。リリースは1965年である。


シナトラ、そしてボビー・コール

 ルネイが語ってくれた興味深い思い出のひとつ。「1969年にマンハッタン西52丁目のジリーズに2週間の約束で出演したときのことです。この店はフランク・シナトラの大親友であるジリー・リゾーが経営するサルーンで、1960代はセレブが来る店、何よりもシナトラがニューヨークに居るときは必ず顔を見せる店として有名でした。そしてある晩、ついにシナトラがやってきたのです。私の歌を聴いてくれたシナトラは店中に聞こえるほどの大きな声で云いました。「あの娘の歌はいいね」。その途端に契約は延長され、結局ジリーズには1年間近く出演しました」。
「ジリーズでは一晩に2つのグループが交互に出演するシステムをとっていましたが、ある時期の相手方はやはりピアノの弾き語りのボビー・コール・トリオでした。ボビーがメイン・アクトで午後10時から朝の4時まで、私が午後9時から午前3時までで、1回20分のパフォーマンスを交代でやりました。いつも最後まで残ってボビーの歌とピアノをかぶりつきで聴いてたくさんのことを学びましたし、彼とは親友になりました。」「このお店のピアノの周りにはエセル・マーマンやノーマン・メイラー、ジャック・ジョーンズをはじめ数え切れないほど、覚え切れないほどのセレブリティーが座って聴いてくれましたから、彼らの前で歌えることは大変な名誉だし励みにもなりましたが、あるとき遠くから誰かが声を発しました。「ベイビー、いいアンヨしてるね!」。店の中は暗いので気がつかなかったのですが、声の主はエロール・ガーナーでした」。

 そして、シナトラ。「ジリーズは誰でも入れるサルーン(酒場)でしたたが、シナトラは自分の所有物と思っていた節があります。お皿が飛び交う中で「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」を歌ったこともありますし、シナトラから電話がかかってくると、店は大変です。「彼が来るぞ!」。「もうすぐ来るぞ!」。シナトラのために特別テーブルが用意されます。そしてシナトラはたくさんの取り巻き連を連れてやってくるのです。シナトラの前で歌うときは、細心の注意が必要でした。彼に「ありゃダメだね」といわれたら、即クビですから。でも幸いにもそうならずにすみましたし、シナトラにはとても親切にしてもらいました。本当に素晴らしい人でした。でも彼にはやんちゃなところがあって、酔いがまわるとクラッカーを爆発させたり、ジリーズの階上にあるオーナーのアパートの窓から下の通行人に向かってパイを投げつけたり、プレイ中のボビーに向かってクラッカーを炸裂させたこともありました。ボビーは何ごとも起こらなかったかのように続けていましたけど。あの店でタフになることを学びました」。

  「シナトラについて受け入れられないかったことがあるとすれば、彼の色の好みです。ジリーズはすべてがオレンジ色。オレンジはシナトラが一番好きなカラーですが、バーのストゥールもオレンジ、長椅子もオレンジ、何もかもオレンジ、オレンジ、オレンジ…。笑えますね」。


その後のルネイ

 1970年になってボビー・コールは、当時ラスヴェガスで最高ランクを誇っていたシーザース・パレスで3週間『ザ・ワールド・オブ・ジリー・リゾー』というショウをかけた。このショウのメンバーはボビーを中心にルネイ、ヴァイオリン、ベースとドラムスを加えた5人で、シーザースのラウンジで行われた。1回45分間のショウで、次から次へとボビーとルネイが歌い継いでいくノンストップの洒落た楽しいショウで、すべてがオリジナル曲だった。あるときシナトラがやってきて、仲間たちと前から5列目に陣取った。「シナトラを目の前にして歌うのは初めてでしたし、あの青い目で見つめられるのでそれはもう緊張しました。ジリーズではどこか遠くのところに座っていましたから」。それはルネイにとって、シンガーとして最高のひとときだった。シナトラの娘のナンシーも聴きに来てくれた。ナンシーはルネイが歌った「フラワーズ」を気に入って、のちにレコーディングした。
ボビーはシナトラに自作曲を売り込もうと懸命だったが、「シアター風だったし、歳をとるとか死ぬとかいったテーマのものが多く、聞いていて楽しくなる種類の歌ではありませんでした。たとえていえば、ベルトルト・ブレヒトとクルト・ワイルの作品のような、ヨーロッパ的なセンスの曲でしたから、シナトラ向きではなかったのだと思います」。ボビーの曲がどのようなものだったかはわからないが、思索的になっていた晩年のシナトラだったら取り上げてくれたかも知れない。

 ルネイはこのラスヴェガスのショウからときを経ずしてショウビズの世界から足を洗った。「二人目の主人となる男性に会ったのです。その後は別の楽しみを見つけました。息子たちは弁護士とパイロットになりました」。「私がニューヨークにやって来たときは小さなクラブが衰退をはじめた時期でした。1940年代にニューヨークに来ていたら、と思い描くことがあります。ホテル・カーライルに連続出演するのが夢でしたが、叶いませんでした。一晩だけカーライルのスター、ボビー・ショートの代役をつとめたことはありますが」。
「観客の前でピアノを弾き歌いたい気持ちは今でもあります。家では今でもやっていますし、時々パーティーに呼ばれて歌うこともあります。でも真剣に音楽に耳を傾けてくれるお店は今やほとんどありません。クラブで歌いたいけれど無理でしょうね」。


曲目について

 さて、本アルバム『アマング・ザ・スターズ』の12曲だが、オリジナルLPのジャケットにもレーベルにも作詞作曲家の名前はクレジットされていない。いろいろ調べたが、6曲は作者を特定できなかった。

@スターティング・トゥモロウ
ルネイがリー・ポクリスとフレッド・トビアスが作ったと教えてくれた。そこそこの実績を残したソングライターたちだ。
Aレット・ゼア・ビー・ラヴ
1940年にイアン・グラントが作詞、ライオネル・ランドが作曲した。ルネイがアイドルとするナット・キング・コールがジョージ・シアリングのピアノ伴奏で歌ったレコードがキャピトルにある。
Cウィロー・ウィープ・フォー・ミー
アン・ロネル1932年の作品。この曲を書いた当時はジョージ・ガーシュインと恋仲で、この歌はガーシュインが書いたという説もある。
Dヤン・ピーラヴィット
アフリカに生息する鳥を題材にした南アフリカの民謡で、アフリカーンス語(イギリス人が入る前に入植したオランダ人が使っていたドイツ語の一種で、今でも南アフリカでは公用語のひとつ)で歌われる。
Hマッド・アバウト・ザ・ボーイ
イギリスの才人ノエル・カワード1935年の作品で、カーメン・マクレイのデッカ盤で知られる。ルネイはロンドン時代に盛んに歌っていたのだろうか。
Jリトル・ガール・ブルー
ロレンツ・ハートが作詞、リチャード・ロジャースが作曲して、1935年のブロードウェイ・ミュージカル『ジャンボ』で歌われた。
Kバタフライ・ウィズ・ヒカップス
ジェリー・マリガン(bs)の書いたインスト曲に、ルネイの友人のキャロル・ルイスが歌詞をつけた。マリガンの演奏は1963年の同名のアルバム(ライムライト)で聴ける。
L三月の水
アントニオ・カルロス・ジョビンが書いたボサノヴァ曲。ポルトガル語の歌詞は1972年、英語の歌詞は1975年にジョビンが書いた。1970年代になってデモ録音として制作されたもので、今回が初出。ルネイの歌は、デビュー・アルバムより格段に進歩をしており、これ以外にレコーディングがないのは残念だ。ルネイ自身がピアノを弾いているが、他のミュージシャンは不明。





2010.4.19.? ビル・リード/三具保夫
上にもどる
 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。