『ザ・シャイニング・シー/ローズマリー・スクワイアーズ』/
オードリー・モリス Afterthoughts/Audrey Morris 

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presentsスタンダード・ヴォーカル・アルバムの復刻・発掘>『ザ・シャイニング・シー/ローズマリー・スクワイアーズ』

『ザ・シャイニング・シー』/
ローズマリー・スクワイアーズ
The Shining Sea/
Rosemary Squires
\2520 (XQAM-1051) 原盤: Reader's Digest
録音:1961〜70年 世界初CD化・日本初リリース
>>購入する  

実力・人気・美貌と三拍子そろった英国スタンダード・ヴォーカル界の名花、ローズマリー・スクワイアーズの貴重なスタジオ録音を発掘! 彼女の熱心なファンさえ知らなかったレア音源によるスタンダード満載の名唱集。

 


1. The Shining Sea/ザ・シャイニング・シー>>試聴
2. Do It Again/ドゥー・イット・アゲイン>>試聴

3. Someone to Watch Over Me/サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー>>試聴

4. But Not for Me/バット・ナット・フォー・ミー>>試聴

5. How Long Has This Been Going On?/ハウ・ロング・ハズ・ジズ・ビーン・ゴーイング・オン?>>試聴

6. Just in Time/ジャスト・イン・タイム>>試聴
7. I've Got a Crush on You/アイヴ・ガット・ア・クラッシュ・オン・ユー>>試聴
8. I've Got you Under My Skin/アイヴ・ガット・ユー・アンダー・マイ・スキン>>試聴

9. The Man I Love/ザ・マン・アイ・ラヴ>>試聴

10. Get Happy/ゲット・ハッピー>>試聴
11. Till Thee Was You/ティル・ゼア・ワス・ユー>>試聴
12. Makin' Whoopee/メイキン・フーピー>>試聴
13. Thou Swell/ザウ・スウェル>>試聴
14. Whatever Lola Wants (Lola Gets)/ホワットエヴァー・ローラ・ウォンツ>>試聴

 

 ローズマリー・スクワイアーズは今も元気に活躍している英国を代表するスタンダード・ヴォーカルの名花だが、わが国ではそれほど知られた存在ではない。彼女がもっとも活躍した1950〜60年代にイギリスのシンガーたちがわが国で紹介される機会はきわめて少なく、彼女のアルバムも当然のごとく無視された。日本でローズマリーのアルバムがリリースされたのは唯一1993年にポリドールからLPとして発売された米MGM原盤の『マイ・ラヴ・イズ・ア・ワンダラー』(POJJ-1546)のみである。
 日本にいると彼女の情報はきわめて少なく、公式サイトのプロフィールも詳細というわけではない。そこでローズマリー本人にコンタクトをとり、いろいろと教えてもらった。

            ローズマリー・スクワイアーズのプロフィール

 ローズマリー・スクワイアーズは1928年12月7日にイングランド西部の港湾都市ブリストルで生まれ、10歳のときに大聖堂で有名な古都ソールズベリーに移った。母方の家族が音楽に熱心で母から歌の手ほどきを受け、12歳のときにBBCラジオの『チルドレンズ・アワー』で歌った。ソールズベリー女子高校時代には音楽と演劇の教師も応援してくれたという。当時のイギリスには実力のあるスタンダード系の歌手はごく稀だったため、マキシン・サリヴァン、ビング・クロスビー、トニー・マーティンらアメリカのシンガーに憧れ、そのマキシンやメル・トーメなどクールなシンガーたちから影響を受けた。現在好きなシンガーはメル・トーメ、マット・モンロー、クレオ・レイン、エラ・フィッツジェラルド、ペギー・リーである。
 地元のダンス・ホールなどでセミプロとして歌っていたが、1948年当時の人気バンド、ザ・ブルー・ロケッツにゲスト出演してプロとしてのスタートを切った。ザ・ブルー・ロケッツとはその後もしばしば共演したが、専属シンガーにはならなかった。英国随一のテッド・ヒース楽団からも10年契約の誘いを受けたが首を縦に振らず、周囲を驚かせた。活動の自由を優先したかったからだ。
 米軍キャンプや地方でも積極的に歌い、21歳のときBBCラジオで『ダンス・デイツ』というレギュラー番組を持ち、続いて『ムーングロー』に出演して全英規模の人気シンガーとしての地位を確立した。1960年代には『レッツ・ステイ・ホーム』『ランデヴー・ウィズ・ローズマリー』ほか、はやりBBCのTV番組でレギュラーを持つと同時に数多くのゲスト出演を果たし、ロンドン・パラディウムを始めとしてイギリス各地の劇場やクラブで歌いさらに名声を高めた。ローズマリーのシグネチャー・ソングは「ハニーサックル・ローズ」、もっともポピュラーな曲は「フランクフルト・サンドウィッチズ」と「ブルーゼット」である。
 パーソナルな面についても付け加えておこう。本名はジョウン・ローズマリー・ヤロウ(Joan Rosemary Yarrow)で、スクワイアーズは祖母が結婚する前の姓から採って母親のルーシーがつけたという。好きな色は(ローズ色ではなく)イエロー、好きな映画は白黒時代のミュージカルやコメディーにドラマ、好きな花は谷に咲く百合やスミレそしてバラ、音楽はアメリカのスタンダード曲やライト・クラシック、好きな食べ物は伝統的な調理法によるロースト・ビーフ、そして散策とのこと。そして何よりもネコが大好きだという。1991年に結婚したのを機にロンドンからソールズベリーに戻り、馬が放たれている河沿いの牧草地を見渡せる家で夫とネコのスージーと平穏な日々を送っている。

                        レコーディングの実績

 以下はローズマリー本人にまとめてもらったオリジナル・リリースのデータである。ただし、リーダース・ダイジェストへのレコーディングとCDは含まれていない。

1956/1957 Decca Single – Band of Gold/Where You Are
1958 HMV Single – Happy Is the Bride/Give Me the Simple Life
1959 HMV Single – There Goes My Lover/Please Be Kind
1959 HMV Single – Love Is a Simple Thing/Must Be Catching
1960 HMV EP – I Lost My Sugar in Salk Lake City/Solitude/My One and Only Love/Compared to You
1961 HMV Single – Our Little Doggie Ran Away/Things Are Looking Up
1961 HMV Single – For Every Man There’s a Woman/You Got
1962 HMV Single - The Mirror/Candy and Cake
1962 HMV Single – Bluesette/Nothing’s Changed
1963 Columbia Single – Frankfurter Sandwiches/Pachalafaka
                (under the name of Joanne)
1963 Columbia Single – Everybody’s Doing the Twist/Do Something
                (under the name of Joanne)
1966 Columbia Single – If He Walked Into My Life/Maybe You’ll Be There
1967 (private) Single – Once There Was You/Ridiculous (unreleased)

1957 MGM LP My Love Is a Wanderer
1963 HMV LP Everything’s Coming Up Rosy
1965 HMV LP Something to Remember Me By 
1976 Ronco LP Fortymania
1987 Sound Venture LP Time for Rosemary     

 以上のうち、デッカへのシングルの2曲は自分に発言権がなく会社側のいう通りにやらねばならなかった。マイクの傍らに付き添ったヴォーカル・コーチから逐一歌い方を指導され、その結果、必要以上にドラマティックな歌になってしまい、唯一大嫌いなレコードだという。
 「フランクフルト・サンドウィッチズ」とトルコ語をもじった「パカラファカ」はジョウアン名義になっているが、こちらはいやだったからではなく、いつもの歌とは違うチャールストン調のスタイルだったことによる判断で、レコーディングは楽しかったという。このレコードはイギリスだけでなくアメリカでも評判をとり、同傾向のシングルをもう1枚出しただけでなく、アメリカのホットドック協会から名誉会員に迎えられたとか。

                      曲目について

@ザ・シャイニング・シー
米ソ冷戦を皮肉ったコメディー映画『アメリカ上陸作戦』(1966)のテーマ曲としてペギー・リーが作詞、ジョニー・マンデルが作曲し、アイリーン・クラルが歌った。ポエティックな曲想がローズマリーの透明感のあるしなやかな歌声にマッチしている。彼女お気に入りのナンバーだ。

Aドゥー・イット・アゲイン
1922年の舞台劇『ザ・フレンチ・ドール』のために、B・G・デ・シルヴァが作詞、ジョージ・ガーシュインが作曲した。前の曲から一転、ローズマリーはコケティッシュでコミカルな表情を見せる。

Bサムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー
アイラ・ガーシュインが作詞、ジョージ・ガーシュインが作曲して、1926年のブロードウェイ・ミュージカル『オー、ケイ!』でガートルード・ローレンスが歌った。ローズマリーの端正で慎ましやかなアプローチがこの曲によく似合っている。

Cバット・ナット・フォー・ミー
これもガーシュイン兄弟の作品で、1930年のブロードウェイ・ミュージカル『ガール・クレイジー』でジンジャー・ロジャースが歌った。ローズマリーの歌の振幅は小さいが、多彩で繊細なニュアンスづけはドリス・デイに通じるものがある。

Dハウ・ロング・ハズ・ジズ・ビーン・ゴーイング・オン?
1927年にアイラ・ガーシュインが作詞、ジョージ・ガーシュインが作曲して、ミュージカル『ファニー・フェイス』でアデル・アステア(フレッドの姉)とジャック・ブキャナンが歌ったがブロードウェイでの上演前にカットされ、翌年の『ロザリー』でブロードウェイに紹介された。1957年の『ファニー・フェイス』の映画化(邦題は『パリの恋人』)ではオードリー・ヘプバーンが歌った。

Eジャスト・イン・タイム
ベティ・カムデンとアドルフ・グリーンが作詞、ジューリィ・スタインが作曲して、1956年のブロードウェイ・ミュージカル『ベルズ・アー・リンギング』でシドニー・チャップリンとジュディ・ホリデイが歌った。その映画化(1960・本邦劇場未公開)ではジュディとディーン・マーティンが歌っている。バックはソフト・スウィングだが、ローズマリーはバラード的に歌い綴っていく。その対比が心地よい。

Fアイヴ・ガット・ア・クラッシュ・オン・ユー
ガーシュイン兄弟のナンバーが続く。1928年のブロードウェイ・ミュージカル『トレジャー・ガール』でメアリー・ヘイとクリフトン・ウェッブが紹介し、1930年の『ストライク・アップ・ザ・バンド』でも使われた。ローズマリーは随所で軽くフェイクするが、わざとらしさがない。

Gアイヴ・ガット・ユー・アンダー・マイ・スキン
コール・ポーターが作詞作曲して、1936年のミュージカル映画『踊るアメリカ艦隊』でヴァージニア・ブルースが歌って、アカデミー主題歌賞にノミネートされた。4ビートで迫るフランク・シナトラのキャピトル盤が圧倒的な名盤だが、ローズマリーはラテン・タッチでメランコリーな気分を表出させ、ひと味違ったアプローチで楽しませてくれる。

Hザ・マン・アイ・ラヴ
1924年に出版されたが、数多いガーシュイン・ナンバーの中でも不運に見舞われたナンバー。ミュージカル『レイディ・ビー・グッド!』のトライアウトでフレッド・アステアが歌い、『ストライク・アップ・ザ・バンド』の1927年版や1928年の『ロザリー』でも挿入を試みたが、結局ブロードウェイでは歌われなかった。高音部におけるローズマリーの無理のない声の使い方が見事だ。

Iゲット・ハッピー
1930年にテッド・コーラーが作詞、ハロルド・アーレンが作曲して、レヴュー『ナイン-フィフティーン・レヴュー』でルース・エティングが歌った。ローズマリーは1965年と1970年の2度リーダース・ダイジェストに吹き込んでいるが、彼女の希望で後者を収録。ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでのコンサートのオープニング用のアレンジで、舞台袖からセンターまで歩く時間を考えてイントロが45秒ほどある。ローズマリーはそのときの編曲をそのまま使っているので、大ホールでの開幕を思い描きながら聴いてほしい。

Jティル・ゼア・ワズ・ユー
1957年にメレディス・ウィルソンが作詞作曲して、ブロードウェイ・ミュージカル『ザ・ミュージック・マン』でバーバラ・クックとロバート・プレストンが歌ったが、ビートルズのレコードで知った方も多いことだろう。

Kメイキン・フーピー
1928年にガス・カーンが作詞、ウォルター・ドナルドソンが作曲して、ブロードウェイ・ミュージカル『フーピー』でエディ・キャンターが歌った。ローズマリーにしては声を張って歌っているが、フレージングの巧みさはさすがだ。

Lザウ・スウェル
ロレンツ・ハートが作詞、リチャード・ロジャースが作曲して、1927年のブロードウェイ・ミュージカル『ア・コネチカット・ヤンキー』でウィリアム・ギャクストンとコンスタンス・カーペンターが紹介した。ここでのローズマリーはときどきジュリー・アンドリュースを想起させるが、いかがだろうか?

Mホワットエヴァー・ローラ・ウォンツ
メジャー・リーグを舞台にした1955年のブロードウェイ・ミュージカル『ダム・ヤンキーズ』のためにリチャード・アドラーとジェリー・ロスが共作して、主演のグウェン・ヴァードンが歌った。1958年の映画化(『くたばれ!ヤンキース』)でもヴァードンのコミカルな歌が光っていた。ローズマリーは基本的にはバラード・シンガーだが、こういったスウィンガーにも達者なところを見せる。このアルバムのハイライトのひとつ。

                                                (2011.7.9. 三具保夫)

編曲
  ジョニー・グレゴリー:2, 6
  ケン・ソーン:3, 7, 12, 14
  ウォリー・スコット:4, 8, 10, 11, 13
  ロバート・マンデル:5
  ノーマン・パーシヴァル:9
  不明:1

録音年
  1961年:3, 7, 12, 14
  1965年:4, 5, 11, 13
  1967年:1, 9
  1969年:2, 6
  1970年:8, 10

 



 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。