『アフターソーツ』/オードリー・モリス』/
オードリー・モリス Afterthoughts/Audrey Morris 

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presentsスタンダード・ヴォーカル・アルバムの復刻・発掘>『ラッシュ・ライフ・+8』/ジェーン・ハーヴェイ

『ラッシュ・ライフ+8』/
ジェーン・ハーヴェイ
Jane Harvey + 8/
Jane Harvey
\2,800 (XQAM-1055) 原盤: Little Jazz Bird
録音:1974年 1958/59/60/87年 日本初登場
>>購入する  

ベニー・グッドマン楽団でも活躍した美貌の歌手ジェーン・ハーヴェイのレア・アルバムを完全復刻。
さらにデューク・エリントン楽団とのレアな2曲や歌伴の名手エリス・ラーキンスとのデュオほか、貴重な音源をぎっしり満載!
 


1 .'Tis Autumn/ティズ・オータム    >>試聴
2. Bein' Green/ビーイン・グリーン  >>試聴
3. Do Do Do/ドゥー・ドゥー・ドゥー   >>試聴

4. It Takes Too Long to Learn to Live Alone/イット・テイクス・トゥー・ロング  >>試聴

5. Why Can't I?/ホワイ・キャント・アイ?  >>試聴

6. When a Woman Loves a Man/ホエン・ア・ウーマン・ラヴズ・ア・マン  >>試聴
7. Here's That Rainy Day/ヒアズ・ザット・レイニー・デイ  >>試聴
8. The Very Thought of You/君を想いて  >>試聴

9. Misty/ミスティー  >>試聴

10. Lush Life/ラッシュ・ライフ  >>試聴
11. I've Got the World on a String/アイヴ・ガット・ザ・ワールド・オン・ア・ストリング   >>試聴
12. It All Depends on You/あなた次第  >>試聴
13. A Hundred Dreams From Now/ア・ハンドレッド・ドリームズ・フロム・ナウ  >>試聴
14. I Ain't Got Nothin' but the Blues/アイ・エイント・ガット・ナッシン・バット・ザ・ブルース  >>試聴
15. I'm Gonna Go Fishin'/アイム・ゴナ・ゴー・フィッシン  >>試聴
16. Some Other Time 〜 This Time the Dream's on Me/
  サム・アザー・タイム〜ジス・タイム・ザ・ドリームズ・オン・ミー  >>試聴
17. He Loves His Wife (I Love My Wife)/ヒー・ラヴズ・イズ・ワイフ  >>試聴

18. Harold Arlen Medley/ハロルド・アーレン・メドレー  >>試聴


 

                     ジェーン最盛期の一枚

 ジェーン・ハーヴェイは、1940年代にベニー・グッドマン楽団で歌い、現在も現役で活躍している最も息の長いジャズ・ヴォーカリストの一人だ。彼女が1988年に発表したアトランティックの『ジ・アザー・サイド・オブ・ソンドハイム』は、彼女の意に反して、最終的にストリングスを被せたりして加工されていたので、何とか元のジャズ・アルバムで出したいという、彼女の永年の念願がかなって、『スティーヴン・ソンドハイム集(Jane Harvey Sings Sondheim)』がSSJから再発された2009年11月に初来日した。その折にSSJの主催で「ジェーン・ハーヴェイを聴く会」が行われた。彼女のレコードと生の声を聴こうという集まりで、彼女は、青木弘武(p)とジャンボ小野(b)をバックに何曲か歌ったが、昔と変わらない素晴らしい歌に吃驚させられた。1988年にソンドハイムのアルバムを発表した時もニューヨーク・タイムスで「不死鳥、灰の中から蘇る」と云われたが、三度、蘇った感じで、日本での経験で自信をつけたのか、2011年1月にハリウッドの「The M Bar」で、同3月にはニューヨークの「Feinstein’s」で久し振りに公演を行って評論家のレックス・リードから「本当のタレントは、決して色あせないという生きた見本だ」といわれた。その後も、ハリウッドの「Catalina Bar & Grill」等に出演して現在も活躍している。

 そんな彼女の1944/5年のベニー・グッドマン楽団での全録音や、未発表だったデューク・エリントン楽団との録音、メリー・フォードの後釜としてレス・ポールのオーディションを受けた時の録音等も含め、彼女の過去のレコーディングがアメリカで5枚のCDで最近発表になった。その中には彼女が英国RCAから1974年に発表した録音も含まれていた。英国RCA録音は、英国のジャズ評論家で『ジャズ・マンスリー』誌の編集者でもあったアルバート・マッカーシーがRCAの依頼でニューヨークに出向いて録音したものだ。12枚のジャズ・シリーズのLPで、その中にジェーン・ハーヴェイが絡むアルバムが3枚あった。ジョン・バンチ、バッキー・ピザレリ、リチャード・デイヴィス等錚々たるプレイヤーと共演した12曲で、ジャズ・シンガー、ジェーン・ハーヴェイの最盛時の歌が楽しめる内容だった。何故かこのうちの一曲「アイヴ・ガット・ザ・ワールド・オン・ア・ストリング」だけはその5枚のいずれにも含まれなかったが、本CD『ラッシュ・ライフ』ではこの曲も含め全12曲が収録され、アルバムの中核を構成している。

 マッカーシーは、この2年前にニューヨークのジャズ・バー「Gregory’s」でエリス・ラーキンスとアル・ホールのデュオに飛び入りして歌ったジェーン・ハーヴェイを聴いてすっかり気に入ってしまい、英国のジャズ・ファンに彼女を紹介するべく、この録音を行ったという。録音前日に一緒にエリス・ラーキンスを聞きながら、曲目を決めた。半分位は、彼女が当時歌っていたナンバーだった。そしてレコーディングは、譜面も何も無く大変即興的に行われた。彼女が曲のタイトルを呼び上げキーと演奏順を決め殆どがワン・テークで録音されたという。ドク・チーサムは、マッカーシーが連れてきて、彼女と一緒にやるのは初めてだった。「ドゥー・ドゥー・ドゥー」の時、彼は初めてのナンバーだったので、始まってから「キーは、何だっけ」と小声で確認したほどだったが、出来上がりは素晴らしいものだった。ドン・エリオットが、偶々、仕事へ行く途中にスタジオによって一曲に飛び入りした。そんなカジュアルな状況での録音だったので、ジェーン・ハーヴェイは、あまりオーバーに成らない表現で伸び伸びとして、それでいてジャズ・スピリットの横溢した素晴らしい歌を聞かせる。
 本盤『ラッシュ・ライフ』には、そこにボーナスとして上記のエリントン・ナンバーやマイク・レンジあるいはエリス・ラーキンスのピアノをバックに歌った未発表録音が加えられている。

ジェーン・ハーヴェイの略歴

 ジェーン・ハーヴェイは、本名をフィリス・タフといい、ニュージャージー州ジャージー・シティに生まれた。子供の頃から歌が大好きで、高校時代には人前で歌っていた。有名な「Café Society」のバーニー・ジョセフソンのオーディションに合格、同クラブで仕事を得る。彼の好きだった「ハーヴェイ」のスコッチからジェーン・ハーヴェイという名前を貰った。ジョン・ハモンドが同店に現れ、彼女をベニー・グッドマンに紹介、気に入られて1944年に同楽団の専属歌手となる。翌日すぐリハーサルで「オンリー・アナザー・ガール・アンド・ボーイ」を録音、その後一年間に6曲を録音する。しかし、ツアーが苦手で一年あまりで退団。コロンビア・レコードのマニー・サックスに可愛がられ彼の紹介で街に来るいろいろなバンドで歌う。「The Blue Angel」でエリス・ラーキンスの伴奏で歌っている時、デジー・アーネスから彼のバンドとハリウッドへ行って歌わないかというオファーを受ける。当代最高のベニー・グッドマン楽団で歌っていたという意識が強かった彼女は、「デジーのラテン・バンドで歌うなんて」と侮辱されたように思い一度は断るが、アーネスのミュージカル・ディレクターをしていたボブ・ホープから彼のラジオ番組にも出演させるという話もあって、結局、ハリウッドへ行き、有名な「Ciro’s」に出演、大成功で一夜にして有名人となる。20世紀フォックスと契約するが、映画には出なかった。その後RCAとも契約してデジー・アーネス楽団と4曲、ペイジ・キャヴァノー(p)のトリオと4曲を録音した。

 夫のボブ・シールが当時持っていたシグネチュア・レーベルに2枚、MGMレーベルに5枚のシングル盤を残している。1958年7月にドット・レーベルからデビュー・アルバム『リーヴ・イット・トゥ・ジェーン』を発表、その後1964年、オーディオ・フィデリティ・レーベルに『アイヴ・ビーン・ゼア』をレイ・エリスの編曲指揮のオーケストラと英国で録音している。このアルバムは、後に、『イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド』とタイトルを変えて1984年、ディスカヴァリー・レーベルから発売されている。
 1974年には、英国RCAから当CDの基となる『ジェーン・ハーヴェイ』(今回の『ラッシュ・ライフ』)、『スウィング・トゥデイVol. 1』『同 Vol. 2』が発売になる。翌年の1975年には、ズート・シムス(ts)を含むジャズ・コンボで『ファッツ・ウォーラー・リヴィジテッド』をクラシック・ジャズ・レーベルに録音している。そして前記の1988年の『ジ・アザー・サイド・オブ・ソンドハイム』(録音は1987年)が彼女の最も新しい作品ということになるが、ミッシェル・ルグランとアルバムを作る企画もあった。
 インパルス・レーベルの創始者、ボブ・シールとの間に生まれたボブ・シール・ジュニア、そして、孫のルイ・シールは、音楽界で活躍しているが、彼らに囲まれてアンティークの販売の仕事をしながら前記のように、今も時々クラブで歌っている。

曲目解説

@ティズ・オータム
ヘンリー・ニーモ作詞作曲、1941年の出版。ラルフ・ヤングの歌うレス・ブラウン楽団、ウディ・ハーマンとキャロリン・グレイの歌うウディ・ハーマン楽団のレコードでポピュラーになった。秋の風情を折り込んだきれいな恋の歌。

Aビーイン・グリーン
ジョー・ラポーゾが1970年に人気子供用TV番組『セサミ・ストリート』のために書いてアニメ・キャラクターの蛙のカーミットが歌ったナンバー。肌の色の違いによる劣等感が、最後は、肌の色への誇りと自信を持つようになる、という歌。人種差別の問題を歌ったといわれる。

Bドゥー・ドゥー・ドゥー
アイラ・ガーシュイン作詞、ジョージ・ガーシュイン作曲。1926年のガートルード・ローレンス主演のステージ・ミュージカル『オー、ケイ』の中で紹介された。「貴方が前にしてくれた事、もう一度やってみて、ため息をつきましょう、もう一度天に昇りましょう」という愛の歌。

Cイット・テイクス・トゥー・ロング
レオン・カーとロバート・アレンの作品。1972年にソウル・シンガーのアリス・クラークが録音しているが、あまり聞かない歌だ。この後、ペギー・リーやメル・トーメも歌っている。別離の後、相手の事を想ってなかなか新しい生活に慣れない苦しみを歌う。

Dホワイ・キャント・アイ?
ロレンツ・ハート作詞、リチャード・ロジャース作曲。1929年のブロードウェイ・ミュージカル『スプリング・イズ・ヒア』の中のナンバー。「2本の足だと冷たいけど、4本の足なら冷たくないのよ」と独り寝の寂しさを歌うナンバー。ジョン・バンチのピアノ・ソロが聞ける。

Eホエン・ア・ウーマン・ラヴズ・ア・マン
ジョニー・マーサー作詞、バーニー・ハニゲン、ゴードン・ジェンキンス作曲、1934年の出版。「あんな男に恋してあなた馬鹿よ、といわれても、分かっているわ、でも愛しているの」という恋は盲目を歌う。ビリー・ホリデイの持ち歌だった。

Fヒアズ・ザット・レイニ・デイ
ジョニー・バーク作詞、ジミー・ヴァン・ヒューゼン作曲。1953年のブロードウェイ・ミュージカル『カーニヴァル・イン・フランダース』で紹介された。思ってもいなかった恋の破局を歌うナンバー。リチャード・デイヴィスのベース・ソロが聞ける。

G君を想いて
レイ・ノーブル作詞作曲、1934年出版。1950年の映画『情熱の狂想曲』でドリス・デイが歌っていた。「貴方の事を想うと何も手がつけられない」という恋の歌。

Hミスティー
エロール・ガーナーが書いた曲(1954年)にジョニー・バークが1955年作詞した。「貴方への恋に目が眩んで」という歌。

Iラッシュ・ライフ
デューク・エリントン楽団のアレンジャー、ビリー・ストレイホーンが16歳の時書いたという、成就しなかったロマンスの後の自堕落で倦怠な夜の生活を描いた作品。1938年出版。当初は、「ライフ・イズ・ロンリー」というタイトルだった。

Jアイヴ・ガット・ザ・ワールド・オン・ア・ストリング
テッド・コーラー作詞、ハロルド・アーレン作曲。1932年のレヴュー『コットン・クラブ・パレード』で紹介された。

Kあなた次第
B・G・デ・シルヴァ、ルー・ブラウン作詞、レイ・ヘンダーソン作曲。1926年のミュージカル『ビッグ・ボーイ』の中でアル・ジョルスンが歌った。

 ここから始まるボーナス・トラックは要注目だ。まずはデュ―ク・エリントン作曲の3曲。シグネチャーからシングルで出ていた最初の2曲は彼女がエリントン楽団と共演している点でも珍しいし貴重だ。

Lア・ハンドレッド・ドリームズ・フロム・ナウ
ジョニー・バーク作詞でレイ・ブライアントが録音したが、エリントン楽団自体の録音は無いと云う珍しいナンバー。1959年の作品。

Mアイ・エイント・ガット・ナッシング・バット・ザ・ブルース
ドン・ジョージの作詞。エリントン楽団の歌手、アル・ヒブラーが1944年に歌って以来、エリントンのスタンダードに成っている失恋のナンバー。ここでは、最初に指示するエリントン自身の声も一寸聞ける。

Nアイム・ゴナ・ゴー・フィッシン
エリントンが書いた映画『アナトミー・オブ・ア・マーダー(或る殺人)』(1959)のテーマ曲に、ペギー・リーが歌詞をつけて歌ったもの。ペギー・リーらしい気風の良い歌。ドン・エリオットがリーダーで1960年ごろの録音。エリス・ラーキンスやジョー・ベンジャミン等が参加しているが、それ以外は不詳だ。

 続いての2曲はマイク・レンジのピアノで歌うが、アルバム『ジ・アザー・サイド・オブ・ソンドハイム』のセッションの時間があまり、準備なしで録音されたもの。

Oサム・アザー・タイム
べティ・カムデン、アドルフ・グリーン作詞、レナード・バーンスタイン作曲。1944年のブロードウェイ・ミュージカル『オン・ザ・タウン』の中の歌。
ジス・タイム・ザ・ドリームズ・オン・ミー
ジョニー・マーサー作詞、ハロルド・アーレン作曲。1941年の映画『ブルース・イン・ザ・ナイト』(日本劇場未公開)で使われた。ジェイ・レオンハート(b)とグラディ・テイト(ds)が加わる。

Pヒー・ラヴズ・ヒズ・ワイフ(アイ・ラヴ・マイ・ワイフ)
マイケル・スチュアート作詞、サイ・コールマン作曲。1977年の当時流行った性の解放を風刺する同名のミュージカルの主題歌。元来男性の歌なので、ジェーンは「アイ」を「ヒー」、「マイ」を「ヒズ」と変えて歌っている。

 そして最後にハロルド・アーレンとテッド・コーラーに成る4曲をエリス・ラーキンスのピアノのみでメドレーで歌う。何かのセッションの後で、二人で気儘に録音したという未発表録音。
Qブルースを歌おう
1932年のレヴュー『アール・キャロル・ヴァニティーズ』で歌われた。
イル・ウインド
1934年の歌。ニューヨークのコットン・クラブでレヴュー『コットン・クラブ・パレード』の第24版で紹介された。
ストーミー・ウェザー
1933年の作品。これもコットン・クラブで生まれた曲で、エセル・ウォーターズが紹介した。初レコーディングは、アーレン自身の歌をフィーチャーしたレオ・ライスマン楽団。
ホエン・ザ・サン・カムズ・アウト
1941年の出版で、ジミー・ドーシー楽団のデッカ盤がヒットした。

レコーディング・データ
 February 19, 1974/NYC
     @ACDGK:Jane Harvey (vo), John Bunch (p), Gene Bertoncini (g), Richard Davis (b),
               Billy Goodwin (ds)
  February 20, 1974/NYC
     BE:Jane Harvey (vo), Doc Cheatham (tp), John Bunch (p), Bucky Pizzarelli (g),
         Richard Davis (b), Billy Goodwin (ds)
          F:Jane Harvey (vo), John Bunch (p), Richard Davis (b), Billy Goodwin (ds)
          H:Jane Harvey (vo), Doc Cheatham (tp), Don Elliott (vib), John Bunch (p),
        Bucky Pizzarelli (g), Richard Davis (b), Billy Goodwin (ds)
         I:Jane Harvey (vo), Bucky Pizzarelli (g), Richard Davis (b)
          J:Jane Harvey (vo), Doc Cheatham(tp), Don Elliott (vib), John Bunch (p),
         Bucky Pizzarelli (g), Richard Davis (b), Billy Goodwin(ds)
 Circa 1958/59
     LM:Jane Harvey (vo), The Duke Ellington Orchestra, Billy Strayhorn (p)
 Circa 1960 N:Jane Harvey (vo), The Don Elliott Orchestra, including Ellis Larkins (p),
           Joe Benjamin (b)
  1987    OP:Jane Harvey (vo), Mike Renzi (p), Jay Leonhart (b on 16), Grady Tate (ds on 16)
 1980’s Q:Jane Harvey (vo), Ellis Larkins (p)



 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。