『アフターソーツ』/オードリー・モリス』/
オードリー・モリス Afterthoughts/Audrey Morris 

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presentsスタンダード・ヴォーカル・アルバムの復刻・発掘>『シャイン/ローズマリー・スクワイアーズ』

『シャイン』/
ローズマリー・スクワイアーズ
Shine/
Rosemary Squires
\2520 (XQAM-1061) 原盤: Mainstem
録音:2001年 日本初登場・新リマスタリング
>>購入する  

 
コレクターズ・アイテム『赤のロージー』の復刻で俄然注目を集める英国永遠の名花ローズマリー・スクワイアーズが実力を発揮したもう一枚の傑作 。
 


1. Let Yourself Go/レット・ユアセルフ・ゴー>>試聴
2. You Turned the Tables on Me/ユー・ターンド・ザ・テーブルズ・オン・ミー>>試聴
3. I Used to Be a Color Blind/アイ・ユースト・トゥ・ビー・ア・カラー・ブラインド>>試聴
4. Shine/シャイン>>試聴

5. My Kid's a Crooner/マイ・キッズ・ア・クルーナー>>試聴

6. On Green Dolphin Street/オン・グリーン・ドルフィン・ストリート>>試聴
7. Sometimes a Day Goes By/サムタイムズ・ア・デイ・ゴーズ・バイ>>試聴
8. Soon It's Gonna Rain/スーン・イッツ・ゴナ・レイン>>試聴

9. All God's Chillun Got Rhythm/神の御子はみな踊る>>試聴

10. Penthouse Perenade/ペントハウス・セレナーデ>>試聴
11. Invitation/インヴィテーション>>試聴
12. How Deep Is the Ocean?/ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン?>>試聴
13. I Remember You/アイ・リメンバー・ユー>>試聴
14. Blue/ブルー>>試聴
15. Honeysuckle Rose/ハニーサックル・ローズ>>試聴

 

                 “赤のロージー”ついに復刻

 不景気のせいか出し尽くしてしまったからか、最近はヴォーカルの復刻盤がめっきり少なくなった。そんな中2012年嬉しかったのが“赤のロージー”の登場だった。ロージーといってもローズマリー・クルーニーではない。米国のロージー同様、長いキャリアと確かな歌唱力をもった英国の名花ローズマリー・スクワイアーズである。1950〜1960年代はスタンダード・ヴォーカルの黄金期だが、日本へ英国の作品がリアルタイムで紹介されることは稀で、わが国においてイギリスのシンガーたちの知名度はきわめて低かった。スクワイアーズも例外ではなく、1960年代に英HMVに吹き込まれた『エヴリシングズ・カミング・アップ・ロージー』(赤のロージー)と同時に復刻された『サムシング・トゥ・リメンバー・ミー・バイ』という2枚のオリジナルLPはあたまに「超」のつくコレクターズ・アイテムだったし、日本ででたアルバムは、1993年にLPで復刻された1957年の米MGM盤『マイ・ラヴ・イズ・ア・ワンダラー』(蒼のロージー)と、SSJが2011年にCD復刻したリーダーズ・ダイジェストへのオリジナル録音集『ザ・シャイニング・シー』(XQAM-1051)のみだった。
 そして、5枚目のローズマリー・スクワイアーズである。2001年にイギリスのメインステムという良心的なレーベルに吹き込まれた『シャイン』は“赤のロージー”から40年近くのちの録音だが、英国の達者なジャズメンたちをバックに乗りのいい溌剌とした歌を聴かせてくれる傑作である。

ローズマリー・スクワイアーズのプロフィール

 ローズマリー・スクワイアーズはイングランド西部の港湾都市ブリストルで生まれ、10歳のときに大聖堂で有名な古都ソールズベリーに移った。母方の家族が音楽に熱心で母から歌の手ほどきを受け、12歳のときにBBCラジオの『チルドレンズ・アワー』で歌った。当時のイギリスには実力のあるスタンダード系の歌手はごく稀だったため、マキシン・サリヴァン、ビング・クロスビー、トニー・マーティンらアメリカのシンガーに憧れ、そのマキシンやメル・トーメなどクールなシンガーたちから影響を受けた。現在好きなシンガーはメル・トーメ、マット・モンロー、クレオ・レイン、エラ・フィッツジェラルド、ペギー・リーである。
 地元のダンス・ホールなどでセミプロとして歌っていたが、1948年当時の人気バンド、ザ・ブルー・ロケッツにゲスト出演してプロとしてのスタートを切った。ザ・ブルー・ロケッツとはその後もしばしば共演したが、専属シンガーにはならなかった。英国随一のテッド・ヒース楽団からも10年契約の誘いを受けたが、活動の自由を優先して辞退した。
 米軍キャンプや地方でも積極的に歌い、21歳のときBBCラジオで『ダンス・デイツ』というレギュラー番組を持ち、続いて『ムーングロウ』に出演して全英規模の人気シンガーとしての地位を確立した。1960年代には『レッツ・ステイ・ホーム』『ランデヴー・ウィズ・ローズマリー』ほか、はやりBBCのTV番組でレギュラーを持つと同時に数多くのゲスト出演を果たし、ロンドン・パラディウムを始めとしてイギリス各地の劇場やクラブで歌いさらに名声を高め、アメリカにも進出した。現在も現役としてステージに立っている。
 シグネチャー・ソングはこのアルバムでも再録音している「ハニーサックル・ローズ」、もっともポピュラーな曲は「フランクフルト・サンドウィッチズ」と「ブルーゼット」である。

曲目解説

@レット・ユアセルフ・ゴー
アーヴィング・バーリン1936年の作品。ミュージカル映画『艦隊を追って』のダンス・コンテストのシーンでフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースが踊った。乗りのよいサックスのイントロが聞こえてきただけでこのアルバムへの期待が高まる。スクワイアーズはダンス・フロアに繰りだしていく歓びをスウィングする。
Aユー・ターンド・ザ・テーブルズ・オン・ミー
「ターン・ザ・テーブルズ」は「形勢逆転」といった意味で、「オン・ミー」で自分が不利に。1936年にシドニー・D・ミッチェルが作詞、ルイス・オールターが作曲して、アリス・フェイがミュージカル映画『シング、ベイビー、シング』(日本劇場未公開)で紹介した。エラ・フィッツジェラルドが好きだった曲で、デッカやヴァーヴ、CBSなどにレコードを残している。
Bアイ・ユースト・トゥ・ビー・カラー・ブラインド
アーヴィング・バーリンが1938年のミュージカル映画『気儘時代』のために書いた。ジンジャー・ロジャースの夢の中でフレッド・アステアがジンジャーに歌った。スクワイアーズのドリーミーな語り口が快い。
Cシャイン
1910年にセシル・マックとフォード・ダブニーが書いた「ザッツ・ホワイ・ゼイ・コール・ミー・シャイン」にルー・ブラウンが手を入れて1924年に出版された。1932年にビング・クロスビーとミルズ・ブラザーズのブランズウィック盤がヒットし、1948年にはフランキー・レインのマーキュリー盤もヒットした。サウンド的にコーニーな感は否めないし歌詞も他愛ないが、スクワイアーズは途中からテンポを上げてスウィングしあきさせない。
Dマイ・キッズ・ア・クルーナー
1920〜40年代を中心に活躍した英国の女性歌手エルシー・カーライルで有名なナンバー。1934年にレグ・モンゴメリーとジャズ・エイジの人気女性シンガーのマリオン・ハリスが作った。一番有名なクルーナーといえばビング・クロスビー。2歳の息子が何かにつけクロスビーのように「ブー・ブー・ブー」と発するので悩んでいる母親をユーモラスに歌った微笑ましいナンバー。
Eオン・グリーン・ドルフィン・ストリート
マイルス・デイヴィス・セクステットのCBS盤で知られる、幻想的な雰囲気を持ったナンバー。ラナ・ターナー、ヴァン・ヘフリン、ドナー・リードが主演した1947年の映画『グリーン・ドリフィン・ストリート』(邦題は『大地は怒る』)のためにポーランド出身のブロニスロー・ケイパーが書いたテーマ曲に、ネッド・ワシントンが歌詞をつけたが、その際タイトルの最初に「オン」がついた。トニー・ベネットやサラ・ヴォーンも歌っているが、インストのレコードも多い。
Fサムタイムズ・ア・デイ・ゴーズ・バイ
1981年にブロードウェイで開幕したミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』のために、フレッド・エッブが作詞、ジョン・キャンダーが作曲した。このミュージカルの主役はローレン・バコールで、途中からラクウェル・ウェルチやデビー・レイノルズに交替した。スキャットも交えたホットなEのあとということを意識しての配曲か、ブライアン・ディーのピアノのみの伴奏でしっとりと歌われる。
Gスーン・イッツ・ゴナ・レイン
1960年にトム・ジョーンズ(あのシンガーではない)が作詞、ハーヴィー・シュミットが作曲して、オフ・ブロードウェイ・ミュージカル『ザ・ファンタスティックス』で紹介された。バーブラ・ストライザンドのレコードを知る方も多いだろう。このミュージカルからは「トライ・トゥ・リメンバー」も有名だ。
H神の御子はみな踊る
ガス・カーンが作詞、ブロニスロー・ケイパーとウォルター・ジャーマンが作曲して、マルクス兄弟主演の映画『マルクス一番乗り』(1937)で、デューク・エリントン楽団専属のアイヴィー・アンダーソンがゲスト出演して歌った。
Iペントハウス・セレナーデ
ナット・キング・コール・トリオのソフィスティケートされた演奏(キャピトル)がまず思い浮かぶ都会風の洒落たナンバー。1931年にウィル・ジェイソンとヴァル・バートンが共作した。スクワイアーズは冒頭で1956年にロンドンのクラブで歌ったときのテープを使っている。英国で大変尊敬されていたジャズ・ピアニストのアラン・クレアへのオマージュである。
Jインヴィテーション
1952年の同名映画(日本劇場未公開)のためにブロニスロー・ケイパーが作曲したナンバーで、1956年にポール・フランシス・ウェブスターが歌詞をつけた。オーケストラ曲として書かれたこともあり歌うのは難しいが、それゆえにシンガーとしては挑戦したくなる作品なのだろう。
Kハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン?
1932年にアーヴィング・バーリンが作詞作曲した一途なラヴ・バラード。スクワイアーズは表情豊かにスウィングして、バラードとは違う魅力を引き出している。アップテンプでも微妙なニュアンスづけや丁寧さを失わないところがいい。
Lアイ・リメンバー・ユー
1942年にジョニー・マーサーが作詞、ヴィクター・シャーツィンガーが作曲したナンバーで、ビング・クロスビーとボブ・ホープの『珍道中シリーズ』映画でよく共演したドロシー・ラムーアが『ザ・フリーツ・イン』(日本劇場未公開)で紹介した。
Mブルー
TV『セサミ・ストリート』の「ビーイン・グリーン」を書いたジョー・ラポーゾの作品で、アニメのミュージカル映画『アンとアンディの大冒険』(1977)に使われ、TV『ザ・マペット・ショウ』ではヘレン・レディが歌った。安らぎに満ちたスクワイアーズの歌声に絡む童謡風のアレンジやサウンドが印象的だ。
Nハニーサックル・ローズ
1929年にアンディ・ラザフが作詞、歌とピアノのファッツ・ウォーラーが作曲して、レヴュー『ロード・オブ・コール』で紹介された。鉄火肌のアニタ・オデイ、鋼鉄のリナ・ホーンに対し、スクワイアーズは持ち前の柔和さと明るさで違いを際立たせる。

(2013年2月28日 三具 保夫)

パーソネル:
   ローズマリー・スクワイアーズ(vo)
   ブライアン・ディー(p except on 8)  
   アレック・ダンクワース(b on 2, 4, 9, 11, 13 & 14)
   デイヴ・グリーン(b on 1, 6, 8 & 12)
   マット・マイルズ(b on 3, 5, 10 & 15)
   クラーク・トレーシー(ds except on 7)
   アラン・バーンズ(ts on 1 & 5, as on 13, ss on 11, cl on 5)
   ポール・エシュルビー(tp on 2, 4 & 9, fh on 14)
   ドン・ラッシャー(tb on 10 & 15)
   アーニー・クラネンバーグ(g on 3, 6 & 8)

録音:
   2001年3月12日  2, 4, 7, 9, 11, 13 & 14
   2001 年4月9日  1, 3, 5, 6, 8, 10, 12 & 15
   レッド・ゲイブルズ・スタジオ(ロンドン)
    
なお、「ペントハウス・セレナーデ」の最初の部分は、1956年ロンドンのソーホーのクラブでの録音。バックはアラン・クレア(p)とレニー・ブッシュ(b)。

 



 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。