『アフターソーツ』/オードリー・モリス』/
オードリー・モリス Afterthoughts/Audrey Morris 

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presentsスタンダード・ヴォーカル・アルバムの復刻・発掘>『ラベンダー・ブルー+5』/ダイナ・ショア

『ラベンダー・ブルー+5』/
ダイナ・ショア
Lavender Blue + 5/
Dinah Shore
\2,625 (XQAM-1069/DQCP-1944) 原盤: 米Columbia
録音:1946 - 1950年 日本初登場・世界初CD化・
ボーナス・トラック3曲
>>購入する  

 
ヴォーカル界の貴婦人ダイナ・ショアの貴重な米コロンビア音源を復刻! シルキーで気品あふれる歌声は、聴くものの心をどこまでも癒してくれる。ドリス・デイとの珍しいデュエットも1曲収録。
 


1. Lavender Blue (Dilly Dilly)/ラベンダー・ブルー
2. Laughing on the Outside/ラーフィング・オン・ジ・アウトサイド
3. It's Easy to Remember/イッツ・イージー・トゥ・リメンバー
4. Little White Lies/リトル・ホワイト・ライズ
5. Come Rain or Come Shine/カム・レイン・オア・カム・シャイン
6. Anniversary Song/アニヴァーサリー・ソング
7. Golden Earrings/ゴールデン・イアリングズ
8. You'll Always Be the One I Love/ユール・オールウェイズ・ビー・ザ・ワン・アイ・ラヴ
9. Forever and Ever/フォーエヴァー・アンド・エヴァー
10. The Gypsy/ザ・ジプシー
11. A Wonderful Guy/ア・ワンダフル・ガイ
12. You Keep Coming Back Like a Song/ユー・キープ・カミング・バック・ライク・ア・ソング
13. You Can Have Him/ユー・キャン・ハヴ・ヒム (w. ドリス・デイ)
14. The Best Things in Life Are Free/ザ・ベスト・シングズ・イン・ライフ・アー・フリー
15. So in Love/ソー・イン・ラヴ

 


 「アメリカでもダイナ・ショアを知る人が少なくなってきて、寂しくなりました」。もう4年前になるが、私がロサンゼルスを訪れた際にダイナ・ショア・ファンクラブの会長と交わした会話の一部である。
日本では戦後、「バッテンボー」と歌われた「ボタンとリボン」や哀愁のあるメロディーの「青いカナリア」が大ヒットするが、その後は次第に歌声を耳にする機会が少なくなり、淋しく思われていた方も多いのではないかと思う。
1994年の死去後、数多くのCDが発売されたが、ハーモニー盤は1988年に発売された『Love Songs』(HL-7099)以外はCD化されることもなく、忘れ去られたようになっていた。が、奇しくも没後20年を目前にして、残りの3枚のうちの1枚『ラベンダー・ブルー』(HL-7239/1960年発売)がようやくCD化されることは、非常に喜ばしいことである。
本アルバムは、コロンビア期のダイナの魅力を存分に伝えている。タイトルにもなっている@は優しく語りかけるように歌い、EやF、Hはこの時期にしか聴くことのできない曲である。また、B、D、Kでは、後のキャピトル期〜スタニアン盤に至るダイナのスタイルを垣間見ることができる。
Lのドリス・デイとのデュエットでは、2人の特徴が出ていて興味深い。ダイナは、1950年頃まで時折聴くことができるのだが、ひとつのフレーズの中の音を、次の音まで少々引っ張り気味に歌う。ドリスはスタイルが確立されてくる時期にあたり、小気味よく音をたたみ込んでいく彼女ならではの歌い方を聴くことができる。ビブラートはドリスのほうが細かくしかもニュアンスづけに非常に気を遣っている。

ダイナ・ショアについて

ダイナ・ショアは1916年2月29日、テネシー州のユダヤ系家庭に生まれる。1歳半の頃にポリオに罹り歩行困難になるが、両親の懸命の看病の甲斐もあり歩けるように。歌うことの好きな母の影響を受け、十代の頃より歌い始め、ナッシュビルのラジオ局の5分間番組『リズム・アンド・ロマンス』に出演。
大学卒業後の1938年に本格的に歌手の道を歩むべくニューヨークに移る。ニューヨークで、歌手の仕事を得ようとしたがうまくいかず、ようやく地元ラジオ局で出演料なしで歌う機会を得る。そこでのオーディションで「ダイナ」を歌い、この時から本名の「フランセス・ローズ・ショア」から「ダイナ・ショア」となる。
1939年に「そよ風と私」をザビア・クガート楽団と録音した後、ラジオや映画出演で瞬く間にスターに。しかし彼女の人気を決定的にしたのは、1951年に放送を開始したNBC TVの『ザ・ダイナ・ショア・ショー』であろう。1962年の番組終了後も断続的ではあるが、レギュラー番組は1991年まで続き、エミー賞をはじめ数多くの賞を受賞。1984年には中野サンプラザで一般公演を行い、この模様はTBSラジオで中継、NHKでは後日、FMとTVで放送された。
1994年2月24日、家族に見守られながらビバリー・ヒルズの自宅で、卵巣がんのため死去。

ドリス・デイについて

ダンサー志望であったが十代の頃に交通事故に遭い、歌手に転向した。レス・ブラウン楽団の専属歌手時代に「センチメンタル・ジャーニー」(1945)がチャート1位に。
その後は女優として映画界でも活躍。『二人でお茶を』(1950)や『情欲の悪魔』(1955)では素晴しいダンスを披露。ヒッチコック作品『知りすぎていた男』(1956)では、「ケ・セラ・セラ」がアカデミー歌曲賞を受賞した。同曲は『ザ・ドリス・デイ・ショウ(ママは太陽)』(1968)の主題歌にも使われている。ヒット曲も数多く、「シークレット・ラヴ」や「イッツ・マジック」等がミリオンセラーとなっている。
現在はカーメルに居を移し、動物愛護団体を設立、動物保護に心血を注いでいる。2011年に新譜『My Heart』が発売され、ポール・マッカートニーとの対談も話題に。また、現在(2013年・春)、インターネットでドリスの元気な声を聞くことができ、健在ぶりを窺い知ることができる。

ハーモニー盤について

1920年代にコロンビア・レーベルの一つとして作られる。
1957年から編集物の12インチLP盤の制作を開始。当初は赤色レーベルであったが程なくして黒色に。その後何度かデザインが変更され、1970年代まで制作される。内容も、ポップス、ジャズ、クラシック、ラテン音楽など多岐にわたり、ジャンルを越えた幅広い音源を聴くことができる。
ハーモニーは廉価盤だったこともあり、30センチLPのヴォーカル盤は10曲しか収録されていない。『ラベンダー・ブルー』も同様で、本CDの@からIがそれにあたる。そこで、今回世界初のCD化にあたっては、150曲ほどあるダイナのコロンビア録音の中から、5曲が選ばれている。どれもダイナらしい心のこもった歌で、しかもよく知られたナンバーばかり。ドリス・デイとのデュエット「ユー・キャン・ハヴ・ヒム」以外はいずれもビルボード・チャートにランクインしている。

曲目について

@ラベンダー・ブルー
1947年12月録音。英国の古い童謡を元に、ラリー・マーリー(詞)、エリオット・ダニエル(曲)によって書かれた。ディズニー映画『So Dear To My Heart』(1948・日本未公開)の中でバール・アイヴスが歌いアカデミー歌曲賞にノミネート。ダイナのレコードは1948年12月にチャート入り、最高9位。サミー・ケイ楽団も同時期にチャート入り、最高4位。
Aラーフィング・オン・ジ・アウトサイド
1946年2月19日録音。ベン・ローリー(詞)、バーニー・ウェイン(曲)の作品。別れた恋人への想いを内に秘めるように、しっとりと歌っている。1946年4月チャート入り、最高3位。5月にはサミー・ケイ楽団、アンディ・ラッセルらも、ダイナと共にトップ10入りをしている。
Bイッツ・イージー・トゥ・リメンバー
1950年7月25日録音。ビング・クロスビー主演の映画『ミシシッピー』(1935)の主題歌でロレンツ・ハート(詞)、リチャード・ロジャース(曲)によるスタンダード曲。RCAに移籍する直前の録音。TVで2度歌っている。1962年12月『ザ・ダイナ・ショア・ショウ』と1991年のトーク番組『ア・カンヴァセーション・ウィズ・ダイナ』で、いずれも俳優のジャック・レモンの達者なピアノの音色に寄り添って昔を懐かしむように歌っている。
Cリトル・ホワイト・ライズ
1947年12月12日録音。ウォルター・ドナルドソンによって書かれ1930年に出版、フレッド・ウェアリングとペンシルバニアンズが同年に録音。1948年にディック・ヘイムズがリバイバル・ヒットさせ、ミリオンセラーに。ダイナは1948年6月にチャート入り、最高11位。
D降っても晴れても
1946年3月18日録音。ジョニー・マーサー(詞)、ハロルド・アーレン(曲)による名曲で、ミュージカル『St. Louis Woman』(1946)のナンバー。ヒットはしなかったものの、ダイナの表現の深さが感じられる。後年、アップテンポにしてコンサートのオープニングで歌っている。
Eアニヴァーサリー・ソング
1946年12月13日録音。ルーマニアの作曲家ヨシフ・イヴァノヴィッチの「ドナウ河の漣」を、アル・ジョルスンとソール・チャップリンが書き直し、映画『ジョルスン物語』(1946)の挿入歌として使った。1947年1月にチャート入り、トップに立った。
Fゴールデン・イアリングズ
1947年8月27日録音。ジェイ・リヴィングストン/レイ・エバンス(詞)、ヴィクター・ヤング(曲)。マレーネ・デートリッヒ主演の映画『Golden Earrings』(1947・日本未公開)の主題歌。ペギー・リー盤が大ヒットしている。ダイナのレコードは1947年11月にチャート入り、最高25位。
Gユール・オールウェイズ・ビー・ザ・ワン・アイ・ラヴ
1946年9月13日録音。サニー・スカイラー(詞)、ティッカー・フリーマン(曲)が書いた。出版は1947年。相手を深く愛する想いがよく伝わってくる。ダイナならではの一曲。
Hフォーエヴァー・アンド・エヴァー
1949年1月13日録音。1947年にスイスのフランツ・ヴィンクラーが書いた曲(ドイツ語)で、英詞は1948年にマリア・ローザ。ダイナのレコードは1949年4月にチャート入り、最高12位。
Iザ・ジプシー
1946年2月19日録音。英国のビリー・リードによって書かれ、1945年に出版。ダイナのレコードは1946年4月にチャート入り、トップに立った。片面には、ほぼ同時期にヒットしたAが収録されている。
Jア・ワンダフル・ガイ
1949年3月14日録音。オスカー・ハマースタイン2世(詞)、リチャード・ロジャース(曲)によるブロードウェイ・ミュージカル『South Pacific(南太平洋)』(1949)で、メリー・マーチンが歌った。ダイナのレコードは1949年6月チャートに入り、最高22位。
Kユー・キープ・カミング・バック・ライク・ア・ソング
1946年7月4日録音。ビング・クロスビー、フレッド・アステア主演の映画『ブルー・スカイ』(1946)でクロスビーが歌って、アカデミー主題歌賞にノミネートされた。アーヴィング・バーリンが1943年に書きためていた曲。ダイナのレコードは1946年11月にチャート入り、最高5位。
Lユー・キャン・ハヴ・ヒム
1949年5月15日録音。アーヴィング・バーリンのブロードウェイ・ミュージカル『Miss Liberty』(1949)のナンバー。オリジナルの雰囲気を残しつつも、2人の個性が出ていて面白く仕上がっている。先発はダイナ。日本では水谷良重(現・八重子)が自ら訳して歌っているが、こちらも隠れた名唱といえる。DDとのデュエットはほかに「イッツ・ベター・トゥ・コンシール・ザン・リヴィール」のみ。
Mザ・ベスト・シングズ・イン・ライフ・アー・フリー
1947年10月16日録音。ルー・ブラウン/バッド・デ・シルヴァ(詞)、レイ・ヘンダーソン(曲)、ブロードウェイ・ミュージカル『Good News』(1927)の中の一曲。ダイナのレコードは1948年2月にチャート入り、最高18位。
Nソー・イン・ラヴ
1948年12月29日録音。コール・ポーターのブロードウェイ・ミュージカル『Kiss Me Kate』(1948)からのナンバーで、しばしばクラシック歌手もとりあげている。情感豊かに歌うダイナのレコードは1949年3月にチャート入りして、最高20位。

(2011年6月22日 西尾 優子)

パーソネル: ダイナ・ショア(@〜N)
         ドリス・デイ(L)
         フォー・ヒッツ・アンド・ア・ミス:M            

指揮:     ハリー・ジマーマン:@BHJN
         ソニー・バーク:ADFIM
         モリス・ストロフ:E
         ラリー・ラッセル:G
         ハリー・ブルーストーン:K
         ヒューゴー・ウィンターハルター:L
         不明:C

録音:     1946年〜1950年



 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。