『アフターソーツ』/オードリー・モリス』/
オードリー・モリス Afterthoughts/Audrey Morris 

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presentsスタンダード・ヴォーカル・アルバムの復刻・発掘>『レッツ・フォール・イン・ラヴ』/ジューン・ハットン

『レッツ・フォール・イン・ラヴ』/
ジューン・ハットン
Let's Fall in Love/
June Hutton
\2100 (XQAM-1075)  
録音:circa 1958年 日本初登場・世界初CD化
>>購入する  

 
ノスタルジックでロマンティックな名盤『アフターグロウ』で知られるジューン・ハットンが残したもう一枚の傑作アルバムがついに復刻!『アフターグロウ」とは違ったジューンの魅力を発見するはず。
 


1. Let's Fall in Love/フォール・イン・ラヴ>>試聴
2. It's Been a Long Long Time/イッツ・ビーン・ア・ロング・ロング・タイム>>試聴
3. A Hundred Years From Today/ア・ハンドレッド・イヤーズ・フロム・トゥデイ>>試聴
4. Then I'll Be Happy/ゼン・アイル・ビー・ハッピー>>試聴

5. All Alone/オール・アローン>>試聴

6. I'll Buy That Dream/アイル・バイ・ザット・ドリーム>>試聴
7. Angry/アングリー>>試聴
8. You've Changed/ユーヴ・チェインジド>>試聴

9. Maybe It's Because/メイビー・イッツ・ビコーズ>>試聴

10. Imagination/イマジネーション>>試聴
11. Dream/ドリーム>>試聴
12. It Happened Once Before/イット・ハプンド・ワンス・ビフォー>>試聴

 

                     三人いるハットン姓の女性歌手

 ジューン・ハットンはビッグバンド時代からヴォーカル全盛期に入って1950年代後半まで歌い続けた女性シンガーだが、ハットンという名前の女性歌手にはほかにマリオン・ハットンとベティ・ハットンがいる。グレン・ミラー楽団で歌ったことで知られるマリオン(1919 – 1987)とミュージカル映画『アニーよ銃をとれ』(1950)で主役のアニー・オークリーを演じたベティ(1921 - 2007)は姉妹である。たまにジューンとベティが姉妹だという記述に出遭うが、血縁関係はない。ジューンは女性だけのビッグバンド(というとマリリン・モンローとジャック・レモンが主演した映画『お熱いのがお好き』に出てくるオール女性バンドを思い出す)のメロディアーズを率いたイーナ・レイ・ハットン(1916 – 1984)の妹である。

ジューン・ハットンのプロフィール

 ジューン・ハットンは、1920年8月11日にシカゴで生まれ、1973年5月2日にロサンゼルス郊外で亡くなった。
白人シンガーとして通っているが、黒人の血も混じっている。本名はジューン・カウエン。1941年に姉のイーナが率いる女性だけのビッグバンドにエレイン・メリットの名で参加し、そのうち姉の芸名「ハットン」姓をとってジューン・ハットンと名乗るようになった。その後チャーリー・スピヴァック楽団のコーラス・グループ、ザ・スターダスターズに参加して、映画にも出演している。
1944年ジョー・スタッフォードがコーラス・グループのパイド・パイパーズを辞めてソロになるとその後任となり、パイド・パイパーズ名義で「ドリーム」(1945・ビルボード・チャートで最高1位)や「イン・ザ・ムーン・ミスト」(1946・8位)、「オープン・ザ・ドア、リチャード」(1947・8位)、「マムゼル」(1947・3位)、「マイ・ハピネス」(1948・3位)などをヒットさせて自信をつけ、1950年にスー・アレンにパイド・パイパーズでの席を譲ってソロとなった。
1952年からキャピトルでレコーディングを開始したが、ヒットは「セイ・ユア・マイン・アゲイン」(1953・21位)、「ノー・ストーン・アンターンド」(1953・24位)、「フォー・ザ・ファースト・タイム」(1954・26位)程度で、成功したとはいい難い。
 フランク・シナトラの編曲者・指揮者だったアクセル・ストーダルと1951年に結婚し音楽的にも行動をともにした。1950年に始まったシナトラのTV番組の音楽監督がストーダルで、レギュラー出演者のひとりがジューンだった。

『アフターグロウ』と『レッツ・フォール・イン・ラヴ』

 ジューンが日本のヴォーカル・ファンの間で知られるようになったのはアクセル・ストーダルが編曲指揮したアルバム『アフターグロウ』(1955・キャピトル)によってである。このアルバムはアメリカでもいつしか忘れられてしまい、日本でも知る人ぞ知るといった存在だった。本物の幻の名盤だが、『幻の名盤読本』(1974・スイング・ジャーナル社)やその続編『新・幻の名盤読本』(1993)にも取り上げられていない。1990年代だったと記憶しているが、フランスで復刻されたLPが輸入され、しばらくして国内盤も出たことで日本でも次第に知られるようになった。
 本作『レッツ・フォール・イン・ラヴ』はスティーヴ・アレンが興したトップス・レーベルに吹き込まれ1958年にリリースされたアルバム(L-1608)で、ジューンのオリジナルLPは『アフターグロウ』とこの作品しかない。LP時代にはアルバム・タイトルやジャケットを変えて、ヴェニスやジーニス、ティアラなどから何度か再発されたが、CD化は今回が初めてである。
 編曲は名手フランク・カムストック、それにトップスと縁の深いルー・レイモンドが担当しており、バックには西海岸の優秀なジャズ・アーティストが参加しているようだ。
 日本におけるジューンのイメージは『アフターグロウ』によって形成された。弦独特の艶やかさを抑えたソフトでスウィートなフル・ストリングスをバックに古典的なバラードを情緒たっぷりに歌い綴っていくこの名盤ではボーイズ・ネクスト・ドアという男性コーラス(レコーディングのための臨時編成だろう)が参加しており、往年のパイド・パイパーズ・サウンドを演出している。ジューンは彼らをしたがえてというより対等の立場でハーモナイズし要所をソロで歌うというアプローチをとっている。つまりコーラス・グループのフィーチャード・シンガーというスタンスゆえ、自らを強く主張するとか他より際立とうという意識はない。ジューンが主役としてソロで歌う『レッツ・フォール・イン・ラヴ』を聴けば、『アフターグロウ』のジューンは彼女の一面でしかないことがわかるはずだ。『レッツ・フォール・イン・ラヴ』には冒頭のタイトル曲を始めスウィンギーな曲も多く入っており、元来は明るくクリスタルな声質であることがわかる。バラードも『アフターグロウ』の霞がかかったようなウェット感はなくクリアで外向的だ。
 ジューンは本人の性格とその延長でもある穏健な歌唱スタイル、そして1950年代からのロック旋風などによって、ビッグバンド・シンガーからソロ・シンガーへの転身に成功したとはいえず、大シンガーにはなれなかった。しかし、ヴォーカル全盛時代のシンガーたちが持ち得た独特のロマンティシズムやソフィスティケーションは今日のヴォーカル・ファンにも強くアピールするはずだ。パイド・パイパーズ時代のレコードともども、もっと聴かれていいシンガーである。

                          曲目解説

@レッツ・フォール・イン・ラヴ
1933年にテッド・コーラーが作詞、ハロルド・アーレンが作曲して、同名のミュージカル映画(1934・邦題は『恋をしませう』)でアン・サザーンが歌った。ジューンは1曲目からキラキラ光っており、『アフターグロウ』との違いは新鮮だ。
Aイッツ・ビーン・ア・ロング、ロング・タイム
1945年にサミー・カーンが作詞、ジューリィ・スタインが作曲して、1945年にキティ・カレンをフィーチャーしたハリー・ジェイムス楽団のコロンビア盤がビルボード・チャートのトップに立つ大ヒットとなった。第二次大戦が終わり多くの兵士がアメリカへ帰還した年の気分を歌っている。
Bア・ハンドレッド・イヤーズ・フロム・トゥデイ
1933年にジョー・ヤングとネッド・ワシントンが作詞、ヴィクター・ヤングが作曲して、レヴュー『Lew Leslie’s Blackbirds of 1933 - 34』でキャスリン・ペリーが歌い、ジーン・ハーローとライオネル・バリモアが共演した映画『わたし純なのよ』(1934)にも使われた。
Cゼン・アイル・ビー・ハッピー
「アイ・ウォナ・ゴー・ホエア・ユー・ゴー、ドゥー・ホワット・ユー・ドゥー、ゼン・アイル・ビー・ハッピー」という長いタイトルがついているが、通常はこのように短く表記する。1925年にシドニー・クレアとルー・ブラウンが作詞、クリフ・フレンドが作曲した軽快なナンバー。
Dオール・アローン
1924年にアーヴィング・バーリンが作詞作曲して、レヴュー『Music Box Revue of 1924』で紹介され、バーリンのヒット曲をちりばめたミュージカル映画『世紀の楽団』(1938)でアリス・フェイが歌った、ジューン向きのトーチ・ソング。
Eアイル・バイ・ザット・ドリーム
ジューンも『アフターグロウ』で歌っていた「風と共に去りぬ」を書いたハーブ・マジツン(作詞)とアリー・ルーベル、1945年の作品。ミュージカル映画『Sing Your Way Home』(1945・日本劇場未公開)でアン・ジェフリーズが歌って、アカデミー主題歌賞にノミネートされた。キティ・カレンをフィーチャーしたハリー・ジェイムス楽団のコロンビア盤がビルボード・チャートの2位にランクされた。
Fアングリー
ダドリー・メカムが作詞、ヘンリー・ブルーニーズ、ジュールス・カッサード、メリット・ブルーニーズが作曲して、ヘンリー・ブルーニーズのトロンボーンとジュールス・カッサードのベースをフィーチャーしたメリット・ブルーニーズ・フライアーズ・イン・オーケストラのレコードが1924年に出た。出版は1925年。ジューン・クリスティのキャピトル盤が知られている。
Gユーヴ・チェインジド
1942年にビル・ケアリーが作詞、カール・フィッシャーが作曲して、これもハリー・ジェイムス楽団のコロンビア盤がヒット、歌ったのはディック・ヘイムズ。ジューンは感情過多になることなく巧みに歌いきっている。
Hメイビー・イッツ・ビコーズ
1949年にハリー・ルビーが作詞、ジョニー・スコットが作曲して、ディック・ヘイムズのデッカ盤がビルボード・チャートの5位にランクされるヒットとなった。ナット・キング・コールの心にしみいる忘れがたい名唱がキャピトルにある。
Iイマジネーション
1940年にジョニー・バークが作詞、ジミー・ヴァン・ヒューゼンが作曲して、フレッド・ウェアリング・アンド・ヒズ・ペンシルヴェイニアンズが紹介した。レイ・エバールをフィーチャーしたグレン・ミラー楽団のブルーバード盤やエラ・フィッツジェラルドのデッカ盤、ケイト・スミスのコロンビア盤などがヒットした。 
Jドリーム
1944年にジョニー・マーサーが作詞し珍しく作曲も手がけ、自身のラジオ・ショウのエンディングに使った。♪smoke rings rise in the air♪というくだりは、スポンサーのチェスターフィールド・タバコを意識してか?ジューンをフィーチャーしたパイド・パイパーズのキャピトル盤がビルボード・チャートのトップに立ちミリオンセラーになった。
Kイット・ハプンド・ワンス・ビフォー
ピアノの弾き語りで知られるボビー・トループの作品で、フォー・フレッシュメンのレコード(キャピトル)が一番有名だろう。1953年にキャピトルからシングル(ビルボード・チャート29位)で出たあと、アルバム『ヴォイセズ・イン・モダン』(1955)に収録された。YouTubeにはトループが奥方のジュリー・ロンドンに向かって弾き語りするシーンがアップされている。
                                              (2013.9.16. 三具 保夫)



 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。