『アフターソーツ』/オードリー・モリス』/
オードリー・モリス Afterthoughts/Audrey Morris 

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presentsスタンダード・ヴォーカル・アルバムの復刻・発掘>『オール・アバウト・ノーマ』/ノーマ・メンドーサ

『オール・アバウト・ノーマ』/
ノーマ・メンドーサ
All About Norma/
Norma Mendoza
2600円+税 原盤: Firebird
(XQAM-1080) 録音:1960/61年

11年ぶりの復刻

>>購入する  

現在廃盤市場でもっとも遭遇しないヴォーカル・アルバムの逸品。優しさと優雅さを湛え、ある時はレイジーにブルージーに、ある時は軽快に伸びやかに歌うノーマ、当時彼女の夫だったジミー・ウィズナーの手になる丁寧なプロデュースとサポート、落ち着いた古典的なジャケット・デザイン、愛情あふれる親娘を捉えた写真、地味ながら味のある選曲等々、音楽ファン、コレクターの心をくすぐる要素がいっぱいの作品である。

 


1. Sidney's Soliloquy/シドニーズ・ソリロクイ >>試聴
2. Little Norma/リトル・ノーマ >>試聴
3. Black Is the Color/ブラック・イズ・ザ・カラー >>試聴
4. When Sunny Gets Blue/ホエン・サニー・ゲッツ・ブルー  >>試聴 

5. Love Is Here to Stay/ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ >>試聴

6. Warm/ウォーム>>試聴
7. Dreamy Eyes/ドリーミー・アイズ >>試聴
8. I Didn't Know What Time It Was/時さえも忘れて >>試聴

9. Just in Time/ジャスト・イン・タイム >>試聴

10 Potato Chips/ポテト・チップス >>試聴
11. My Funny Valentine/マイ・ファニー・ヴァレンタイン >>試聴

 

 現在廃盤市場でノーマ・メンドーサ『オール・アバウト・ノーマ』のオリジナルLP(Firebird FB-1000)の価格は美品だと6桁は下らないという。廃盤レコードの値段を話題にするのは好きではないが、このアルバムが如何に珍しいか知っていただくために敢えて記した。
 優しさが広がるノーマの歌、当時彼女の夫だったジミー・ウィズナーの手になる丁寧なプロデュースとサポート、古典的な佇まいのジャケット・デザイン、愛情あふれる親娘の写真、そして地味ながら味のある曲を交えた選曲等々、音楽ファン、コレクターの心をくすぐる要素がいっぱいの作品である。

ノーマ・メンドーサのこと

 ジミー・ウィズナーについては多少知られているが、ノーマ・メンドーサは情報が少ないので、今もニュージャージー州で健在のジミー・ウィズナーに聞いてみた。
 ノーマ・メンドーサは1931年10月10日にハワイで生まれた。父方はスペインとフィリピン系、母方はスコットランドとアイルランド系。写真を見てもヨーロッパ系の血が濃い感じだ。声楽(アルトより低いコントラルト)の勉強をしたが、その後ヴォイス・トレーナーのアーティ・シンガーについてポピュラー・ヴォーカルの唱法を学んだ。フィラデルフィアのクラブで歌い始め、TVプロデューサーのサム・バートンと結婚して引退したが数年後に離婚しステージにカンバック。ウィズナーとは1960年12月にクラブでの仕事で出会い1961年に再婚した。その後離婚してフロリダに移り、今も元気でヴォーカル・コーチをしているとか。ジャケット写真の少女はノーマが最初の結婚でもうけた子供で、ウィズナーが結婚した時に養女にしたという。名前はノーマ・リー。
 『オール・アバウト・ノーマ』以外のノーマのレコードは、デッカに吹き込んだシングル盤「ガール・オン・ザ・ビーチ/インクレディブル」とカメオ・パークウェイのサブ・レーベルであるウィンコートのアルバム『イパネマの娘』での歌(ただし別名でのクレジット)がある程度。『イパネマの娘』はそこそこのヒットとなり、今も探しているファンは少なくない。フューチャーというフィラデルフィアのレーベルから出たシングル盤の「シドニーズ・ソリロクイ」と「アンド・ゼン・ゼア・ワー・ナン(副題:ポテト・チップ・ソング)は、『オール・アバウト・ノーマ』と同じトラックだ。

                      ジミー・ウィズナーのこと

 ジミー・ウィズナーは1931年12月8日にフィラデルフィアで生まれた。「Wisner」は「ワイズナー」と発音する向きもあるが、本人に聞いたところ「ウィズナー」でよいとのこと。本人は「The Wiz」というニックネームを使っている。メル・トーメのライヴ・アルバム『アット・ザ・レッド・ヒル』(1962・アトランティック)でトーメが伴奏する彼を紹介しており、それによってウィズナーを知ったファンも多いことだろう。トーメとウィズナーはかなりの間チームを組んで、デューク・エリントン楽団とはニューポート・ジャズ・フェステイバルやニューヨークの一流クラブ、カウント・ベイシー楽団とはカーネギー・ホールで一緒に共演したし、トーメとは彼が亡くなるまで親交が続いた。『アット・ザ・レッド・ヒル』はちょうど『オール・アバウト・ノーマ』がレコーディングされた時期にあたり、ベースはエイス・テゾーン、ドラムスはデイヴ・レヴィーンがつとめている。
 ウィズナーはクラシック音楽を学びテンプル大学では哲学を専攻したが、1959年にチャーリー・ヴェンチュラ楽団で一緒だったテゾーンとドラムスのチック・キーニーとジミー・ウィズナー・トリオを結成して、『ブルース・フォー・ハーヴィー』(フェルステッド・1959)や『アパーセプション』(チャンセラー・1960)などを発表した。メル・トーメを始めカーメン・マクレエ、ダコタ・ステイトン、ハイローズら一流ヴォーカリストたちの伴奏者としてフィラデルフィアを中心に活躍した。1961年にデンマークの作曲家グリーグのピアノ協奏曲をロック風に味付けした「エイジャ・マイナー」をココモというアーティスト名で吹き込んだ。しかし引き受けてくれるレコード会社がなく、自らフューチャー・レコードを興してフェルステッドからリリースするとビルボード・チャートで8位、イギリスではBBCラジオが趣味の悪いパロディーだと放送禁止にしたにもかかわらずシングル・チャートで35位を記録した。
 ピアニスト、アレンジャー以外にも映画やTVのソングライター、プロデューサーとしても成功し、ニール・セダカ、ボビー・ヴィントン、ハービー・マン、ミリアム・マケバ、ジュディ・コリンズ、トニー・ベネット、カーリー・サイモン、アル・クーパー、バーブラ・ストライザンドほかポップスからジャズまで幅広いジャンルのレコードのプロデュースや編曲を手がけた。1968〜1969年にはコロンビア・レコードのA&Rマンという要職にあった。
なお、ファイアバードというレーベル名は、ウィズナーが好きだったストラヴィンスキーの組曲『火の鳥』からとったという。このレーベルは『オール・アバウト・ノーマ』を出しただけで活動を休止してしまった。ウィズナーのセンスとネットワークがあれば素晴らしい作品がどんどん生まれたはずだ。残念。

曲目について

@シドニーズ・ソリロクイ
ジミー・ウィズナーの作詞作曲。シドニーはラジオ・ショウ『ザ・サウンズ・オブ・シナトラ』で有名なDJシド・マークのことで、彼はフィラデルフィアを拠点にディープなバリトン・ボイスと魅力的な番組構成で人気のパーソナリティー。ウィズナーはこの曲を、シド・マークがライナーを書いた『ブルース・フォー・ハーヴィー』で吹き込み、歌詞を加えてノーマが録音し、さらにメル・トーメも『カミン・ホーム・ベイビー』(1962・アトランティック)で吹き込んでいる。
Aリトル・ノーマ
ウィズナーの作品。ノーマ夫人のことかと思いきや、ウィズナーの昔の知り合いで男性を顧客にする商売だったとか。ただし、ウィズナーは「単なる友達。オレはお客じゃなかったよ」と笑う。
Bブラック・イズ・ザ・カラー
1910年代にアパラチア山脈地方から広まったアメリカ民謡だが、もとはスコットランドの歌といわれる。いろいろなヴァージョンがあるが、ノーマが歌っているのはウィズナーが採譜・編曲し新たに書きかえた歌詞。
Cホエン・サニー・ゲッツ・ブルー
1956年にジャック・シーガルが作詞、マーヴィン・フィッシャーが作曲して、ジョニー・マティスのコロンビア盤がヒットしたし、ナット・キング・コール、チェット・ベイカー、ナンシー・ウィルソン、ジューン・クリスティほか多くのシンガーが取り上げてきた。
Dラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ
アイラ・ガーシュインが作詞、ジョージ・ガーシュインが作曲して、ミュージカル映画『華麗なるミュージカル(ザ・ゴールデン・フォーリーズ)』(1938)に使われたが、ジョージはこの曲を完成させる前に亡くなったので、彼の友人であり理解者だったヴァーノン・デュークが遺稿を整理して完成させた。
Eウォーム
「ウォーム」という曲にはアール・グラントがヒットさせた「愛よ永遠に(ジ・エンド)」を書いたシド・ジェイコブズが作詞、ジミー・クロンズが作曲してジョニー・マティスが歌った作品もあるが、これもウィズナーのオリジナルナンバー。ウィズナーお気に入りの1曲で、グロリア・リンのヴァージョンのプロデュースもしている。
Fドリーミー・アイズ
ジャズ・サックス奏者、アレンジャーのレニー・ニーハウスの書いたメロディーを気に入って1958年にウィズナーが作詞した歌。ウィズナーは自作の中で一番気に入っている作詞のひとつということで、ノーマに録音を勧めた。
G時さえも忘れて
ロレンツ・ハートが作詞、リチャード・ロジャースが作曲して、ブロードウェイ・ミュージカル『トゥー・メニー・ガールズ』(1939)で紹介された。映画『夜の豹』(1957)ではフランク・シナトラが歌った。
Hジャスト・イン・タイム
ベティ・カムデンとルドルフ・グリーンが作詞、ジューリィ・スタインが作曲して、ブロードウェイ・ミュージカル『ベルズ・アー・リンギング』(1956)で紹介され、映画化(1960)でも使われた。トニー・ベネットのコロンビア盤が1956年にヒットしている。ノーマは透明感のあるのびやかな歌声で素直にスウィングする。
Iポテト・チップス
これもウィズナーの作詞作曲。『ブルース・フォー・ハーヴィー』にも吹き込んでいるインスト曲「アンド・ゼン・ゼア・ワー・ナン」に歌詞をつけたもので、ヴォーカリーズ的な味わいがある。「みんな大好きだからポテト・チップスはすぐになくなってしまう。ぐずぐずしていてはダメよ」という趣旨の歌。
Jマイ・ファニー・ヴァレンタイン
これもロレンツ・ハートの作詞、リチャード・ロジャースの作曲。ブロードウェイ・ミュージカル『ベイブズ・イン・アームズ』(1937)で紹介された。ノーマは非常に丁寧に歌っていて好感が持てる。
                                                   (2014.9.22. 三具保夫)

パーソネル:ノーマ・メンドーサ(vo)
        ジミー・ウィズナー(arr, p)   
        エイス・テゾーン(b)
        ハンク・カルーソー(ds on 1, 3, 6, 10)
        デイヴ・レヴィーン(ds on 2, 4, 5, 7, 8, 9, 11)

録音:    1960年・1961年はじめ
        フィラデルフィア、レコアート・スタジオ

オリジナル・プロデューサーからのメッセージ:
Special thanks to Yasuo Sangu and Gary Taenaka from Jimmy Wisner for all their help in getting the Norma Mendoza released in Japan on SSJ, Inc.
                                                                    Jimmy Wisner / The Wiz


 


 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。