『ブルース・ウォーク』/畑ひろし Blues Walk! Hiroshi Hata

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presents新録音シリーズ>『ブルース・ウォーク』/ 畑ひろし

『ブルース・ウォーク』/
畑ひろし
Blues Walk!
Hiroshi Hata
特別価格
 (XQAM-1505)
原盤:SSJ
録音:2006年ニューヨーク市 ニ ュ ー ヨ ー ク 新 録 音
>>購入する  

   日本のチャーリー・クリスチャン=畑ひろしによる、NYC三部作の完結編がついに完成。 ルイス・ナッシュ(ds)、ピーター・ワシントン(b)との息のあった緊密なインタープレイの中にも、 寛ぎを感じさせる会心の一作!
 


1. The Blues Walk/ブルース・ウォーク >>試聴
2. Never on Sunday/日曜はダメよ>>試聴
3. Prince and Spring/プリンス・アンド・スプリング >>試聴
4. Stars Fell on Alabama/アラバマに星降りて>>試聴
5. Portable Music Blues/ポータブル・ミュージック・ブルース>>試聴
6. Mood Indigo/ムード・インディゴ>>試聴
7. Triste/トリステ>>試聴
8. I Wished on the Moon/月に願いを>>試聴
9. Angel Eyes/エンジェル・アイズ>>試聴
10. Louise/ルイーズ>>試聴
11. Sophisticated Lady/ソフィスティケーテッド・レイディ>>試聴
12. Tenderly/テンダリー>>試聴
 

 「ジャズ」と呼ばれる音楽の範囲がとてつもなく広いのと同様に、「ジャズ・ギター」の世界にも、実に多様な音楽性と個性を持ったギタリストたちがひしめいている。そんな中で、大阪と東京を股にかけて活躍する畑ひろしは、ジャズ・ギターの原点にして頂点、とも言えるチャーリー・クリスチャンを敬愛し、クリスチャン・スタイルの演奏に真っ向から挑戦する、今となっては貴重なタイプのギタリストだ。

 クリスチャンが愛用したギブソン・ES-150モデルをメイン楽器とし、クリスチャン以外にはナット・キング・コール・トリオのギタリストであるオスカー・ムーア、クリスチャン直系のギタリストといえるバーニー・ケッセルやハーブ・エリスなどからの影響を感じさせる畑ひろしのスタイルは、美しい音色と繊細なフィンガリングで、ジャズの基本である「スウィングとブルース」をひしひしと感じさせるフレーズを紡ぎ出す、まさに「ジャズ・ギターの王道」というべきもの。この『ブルース・ウォーク』は、『イントロデューシング』(1998年)、『ドア・トゥ・ドア』(2001年)に続く3枚目のリーダー作だが、3作とも「ギター・トリオ」というシンプルな編成、しかもルイス・ナッシュ(ドラムス)〜ピーター・ワシントン(ベース)とメンバーを固定し(『ドア・トゥ・ドア』にはセッションの約半分でレイ・ドラモンドがベースを弾いているが)、まったく奇を衒わないストレートなスタイルを貫いているあたりに、僕は畑ひろしの静かな自負心を感じるのだ。

 さて、畑ひろしは1959年3月2日生まれ。大阪芸術大学に在学中はブルース・ギターに傾倒し、Tボーン・ウォーカーやマディ・ウォーターズに影響を受けたスタイルで、ブルース・バンドに参加していたという。確かに彼の現在の演奏にもTボーン・ウォーカーを思わせるフレーズが登場することがあり、彼の自然なブルース・フィーリングは、この時代に基礎が培われた、ということなのだろう。
 そしてチャーリー・クリスチャン、レスター・ヤング(テナー・サックス)、オスカー・ムーアなどに深く影響されてジャズ・ギタリストとしての活動を始めた畑ひろしは、京阪神地域をホームグラウンドに、個性的なギタリストとして注目を浴びるようになった。ピーター・ワシントンとルイス・ナッシュに出会ったのは90年代前半、大阪での深夜のジャム・セッションでのこと。「何度も演奏するうち年齢が近いこともあってすぐ仲良くなれました」と畑ひろしはいう。
 初リーダー作『イントロデューシング・畑ひろし』がリリースされたのは98年、ワシントンとナッシュを迎えてのギター・トリオ編成だ。畑ひろしのナッシュ評は、「前で演奏している者の気持ちを汲み取る強力なアンテナを持ったドラマーだといえます。僕の知っている他のアメリカ人ドラマーは、自分は自分の道をゆき、お前はお前の道をゆけというタイプが多いんですが、ルイスはトミー・フラナガン・トリオでの経験が長かったこともあるのかもしれません、ある意味特別なドラマーだといえます」とのこと。ではピーター・ワシントンはどうだろう。「バッキングはもちろんアメリカ屈指ですが、彼のソロは小節に対して全く自由なメロディーを構築していて、いつも感心します。彼もギターが大好きで、僕と同じくオスカー・ムーアの大ファンです」。
 2001年9月に録音されたセカンド作『ドア・トゥ・ドア』は、録音の直前に9・11テロが起こる、というアクシデントに見舞われた。その混乱によって当初の予定が変更され、セッションの半分はレイ・ドラモンド、ナッシュとのトリオ(9月13日ニュージャージー録音)、残り半分はワシントンとのデュオ(9月17日ニューヨーク録音)だ。ちなみにこのアルバムのライナーには「同時多発テロとアフガン空爆でなくなった人々に謹んで哀悼の意を表します」という制作者のコメントが掲載されている。

 そしてこの『ブルース・ウォーク』は、2006年10月、やはりニューヨークで、やはりワシントンとナッシュを従えて5年ぶりに録音されたサード・アルバムだ。同じメンバーでの録音ということについて、畑は「このメンバーで最低3枚は作りたかったのですが、同じメンバーにあえてこだわった理由は、一つにはバーニー・ケッセルの『ポール・ウィナーズ』の存在もありました」とコメントしている。ケッセル、レイ・ブラウン、シェリー・マンのトリオ「ポール・ウィナーズ」は、57年の『ポール・ウィナーズ』をはじめとして4枚のアルバムを録音し、ギター・トリオの最高峰とされている。「同年代のお互いが「どんなミュージシャンかを理解しあい、お互いの変化や成長も音楽という形で表現し発表したかったからです」。
 畑ひろしはこの『ブルース・ウォーク』の聴きどころを「ギター・トリオの楽しさ」だという。それは具体的には「ピアノほど分厚いハーモニーは出せない、かといってサックスなどのように口で肉声的に歌うわけでもないギターという楽器の多様性」であり、「同じ弦楽器の、いわば兄弟であるベースと、リズム楽器であって、しかし単なるそれをはるかに超えた表現のできるドラムスという楽器、この三つだけのからみあいで織られた音楽」であるとのことだ。
 今回のアルバムは、ニューヨーク在住のギタリスト=プロデューサー、増尾好秋が畑と共同プロデュースしている。前作『ドア・トゥ・ドア』は、増尾のスタジオで全曲を録音する予定だったが、テロの影響でワシントンとのデュオだけをそこでレコーディングした、という経緯があった。「増尾さんは学生時代からの憧れのギタリストでした。録音日の数日前彼に会いに行ったんですが、ギターとアンプが用意してあり、『なにかやろうよ!』といわれ、時を忘れてセッションしました」と畑。レコーディングでは「的確なアドバイスとディレクションで一度も煮詰まることなくスムーズに録れました。ぼくの譜面の中にあったミスや、アレンジの改良など、とても助かりました」とのことだ。

 最後に、曲目と演奏についての簡単な紹介をしておこう。1曲目「ブルース・ウォーク」は、クリフォード・ブラウン作のアップテンポ・ブルース。さまざまな楽曲の旋律を引用しながら、シングル・トーンでぐいぐいスウィングする畑のソロが圧巻だ。「日曜はダメよ」は、同名ギリシャ映画の主題曲で、60年代のヒット。美しいコード奏法によるイントロが印象的だ。なお、この曲のみはピアニストの大塚善章が編曲を担当している。「プリンス・アンド・スプリング」は、ハードバップっぽいマイナーのメロディーが記憶に残る畑ひろしのオリジナルだ。「アラバマに星降りて」は、キャノンボール・アダレイなどの名演で知られる、あたたかいメロディーのバラード。ギターの優しい音色を最大限に活かした演奏だ。「ポータブル・ミュージック・ブルース」は畑のオリジナル・ブルース。「ブルースにおけるビバップ・スタイルのギター」のお手本のような、堂に入ったフレーズが延々と展開されている。エリントンの名曲「ムード・インディゴ」は、初めはゆったりとした4拍子でブルージーに演奏され、途中からワルツ・テンポに変化するアレンジになっている。
 アントニオ・カルロス・ジョビンの「トリステ」では、モダンでな旋律を、畑のギターが速いボサノヴァ・リズムの上ではつらつと奏でる。ビリー・ホリディの名唱で知られる古いポピュラー・ソング「月に願いを」は、コード奏法によるテーマと、シングル・トーンでブルージーに迫るアドリブ部分との対比が見事だ。マット・デニスの代表作「エンジェル・アイズ」は、ずっしりと重いビートの上で、畑のギターがブルース感覚を全開にしてうたっている。レオ・ロビンとリチャード・ホワイティングによる古い小唄「ルイーズ」は、からっと明るいメロディーをミディアムでシンプルに奏で、畑のコード・カッティングの上でナッシュのブラッシュ・ソロがフィーチャーされる。エリントンの「ソフィスティケイティド・レディ」は、ええっこれが? と驚くほどに新しい感覚のボサノヴァに料理されていてびっくり。そして最後は完全ギター・ソロによる「テンダリー」。ギターのアコースティックなトーンの美しさと、畑の繊細なフィンガリングが見事な演奏だ。

 





(June 2007 村井康司)
上にもどる
 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。