『オン・グリーン・ドルフィン・ストリート』/デニース・ドナテッリ In The Company Of Friends Denise Donatelli

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presents新録音シリーズ>『オン・グリーン・ドルフィン・ストリート』/ デニース・ドナテッリ

『オン・グリーン・ドルフィン・ストリート』/
デニース・ドナテッリ
In The Company Of Friends
Denise Donatelli
特別価格
 (XQAM-1509)
原盤:Denise Donatelli
録音:2005年 日 本 デ ビ ュ ー 盤 &
未 発 表 曲 追 加
>>購入する  

   ズバリ、女性ヴォーカルの品位と色香を堪能する1枚。 凛とした歌声と確かな歌唱力で魅了する米実力派シンガーの日本デビュー盤。 デニースはTVコマーシャルの世界でも活躍中の美貌の持ち主だ。
 


1. On Green Dolphin Street/オン・グリーン・ドルフィン・ストリート >>試聴
2. The Thrill Is Gone/ザ・スリル・イズ・ゴーン>>試聴
3. 'Round Midnight/ラウンド・ミッドナイト >>試聴
4. You Don't Know What Love Is/ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ>>試聴
5. A Sleepin' Bee/ア・スリーピン・ビー>>試聴
6. Send in the Clowns/悲しみのクラウン>>試聴
7. This Is New/ジズ・イズ・ニュー>>試聴
8. If You Could See Me Now/イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ>>試聴
9. Dream Dancing/ドリーム・ダンシング>>試聴
10. A Rorin' Borin' Alice/ア・ローリン・ボーリン・アリス>>試聴
11. When Summer Turns to Snow/ホエン・サマー・ターンズ・トゥ・スノー>>試聴
12. Our Love Rolls On/アワー・ラヴ・ロールズ・オン>>試聴
 

巧まざる巧さが魅力のデニース・ドナテッリ、
ドライ・マーティニの味わい

 ドラマティックな表現力とそこから生まれる強い説得力をもったシンガー、デニース・ドナテッリの日本デビューCDである。未知のシンガーのCDを決して安くはない対価を払って購入し聴いてみようという動機は様々だが、当アルバムの場合はその選曲ラインアップではなかっただろうか。だが、著名スタンダード中心のようにみえるが平易な曲はひとつとない。少々ピッチの怪しいシンガーならば怖気をふるうような難曲揃いである。ピッチ・コントロール難しく、歌って難儀し、語って難渋、訴えて至難。
 これを平然とやってのける彼女のようなシンガーが出てくるところが、アメリカ・ジャズ界の奥深いところと納得せざるを得ない。おまけにアルバム・カヴァーを見れば正統派の美人。TVコマーシャルの世界でも活躍中という美貌の持ち主だ。選曲よりもこちらに魅かれた「ジャケ買い」の方もいらっしゃるかも知れない。
トム・スコットとマーク・マーフィーが彼女を評してうまいことを言っている。

  「琴線にふれる歌声、完璧な音程、優れたジャズ感覚をあわせもった稀有のシンガー」
                                                     (トム・スコット)
  「このアルバムはジャズおよびジャズ・ヴォーカル今だ意気軒昂たることの証し」
                                                 (マーク・マーフィー)

デニース・ドナテッリのプロフィール

 デニース・ドナテッリはペンシルヴァニア州アレンタウンの生まれ。趣味でピアノを弾く父親とプロのシンガーだった母親の間で生まれた三人姉妹の末娘で、全員が音楽好きの一家の育ち。
 『ドナテッリ家に伝わる母の一つ噺ですが・・・私が3歳のころ、隣の部屋からピアノの音がするので母親は姉が帰ってきて弾いているものと思ったらしいのです。でも調べにやって来てびっくり。それは「聖しこの夜」を弾く私だったというわけ』。デニースはその後クラシック・ピアノを14年間学んだ。

 学生結婚したデニースがプロとしての活動を開始したのは1980年代後半、ジョージア州アトランタに移り住んでからだが、最初のステージの共演者はラッセル・マローン(g)だったという。2000年にロサンゼルスに移ったが、ロスでのごく初期にレス・ブラウン楽団(創立者の息子がリーダー)をバックに、この名門バンドが1940年代にフィーチャーしたドリス・デイのアレンジで「センチメンタル・ジャーニー」などを歌ったことが忘れられないという。
 好きなシンガーはカーメン・マクレエ、アイリーン・クラール、マーク・マーフィー、ナンシー・ウィルソン、シャーリー・ホーン、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン、ジョー・ウィリアムズなど。とりわけフランク・シナトラの唱法には魅かれるものがあり、それは「フレージングとスウィング感。歌詞を語るように、あたかも自分ひとりのために歌っているかのように聴かせる」からだという。

本作『オン・グリーン・ドルフィン・ストリート』について

 このアルバムに関してデニース・ドナテッリは、ピアニスト/作編曲家であるトム・ガーヴィンとの共同作業の成果だという。
 「トムとは2001年頃から一緒に仕事をしてきました。私は彼の想像力に富んだ素晴しいアレンジ、音楽家としての手腕を信頼しています。またその編曲を活かすミュージシャンの選択眼もね」。トム・ガーヴィンとの出会いは彼女のアトランタ時代で、昼間はオフィスで働き夜はホテルのラウンジで歌っていた頃のこと。親交が深まるとともに2003年頃、彼女からCD制作の話を持ちかける。
 『その頃ぼくはまだ彼女の能力や限界を知らなかったので、とりあえず素材を与えることにしました。最初が “A Sleepin’ Bee”で、まずぼくが一度弾いてみて次に彼女が歌うというやり方です。歌い終わると彼女はにっこり笑って「お次はなに?」。これがぼくらのやり方になりました』。
 このやりとりでもお分かりのようにアレンジはすべてトム・ガーヴィンである。

曲目について

@オン・グリーン・ドルフィン・ストリート
 ネッド・ワシントン作詞、ブロニスロウ・ケイパー作曲。1947年の映画『大地は怒る』の主題歌。多くのジャズメンが愛好するが、マイルス・デイヴィスの演奏はその代表格。スタンダード・ソング中の難曲のひとつだけにデニースがこの曲を望んだときトム・ガーヴィンは躊躇したという。熟考の末5拍子のアイディアを得て、アレンジを書き上げ、彼女には何の予備知識を与えないまま歌ってもらったそうだ。「彼女がこれを5/4拍子であることを知っていたかどうか」。トムのいうとおり、5拍子であろうと聴感上の違和感はまったくない。

Aザ・スリル・イス・ゴーン
 ルー・ブラウン作詞、レイ・ヘンダーソン作曲。1931年のレヴュー『ジョージ・ホワイツ・スキャンダルズ』にフィーチャーされた。カーメン・マクレエが名唱を残している。恋の終わりに際会した女心を覚悟の上とばかりにデニースはさばさばとした風情でおしまくる。感傷がないだけにいっそ爽やかな女っぷりが見事。

Bラウンド・ミッドナイト
 バーニー・ハニゲン作詞、セロニアス・モンク作曲。ジャズ・コンポジション中屈指の傑作である。マイルス・デイヴィス・クインテット(1956年)によるものが何といっても名演として歴史に残るが、叙情と気品に満ちた旋律を愛してこれを歌うシンガーも少なくない。デニースはヴァースからきっちりと歌いこんでいく。持ち前の「琴線にふれる歌声」が緊張感を持続させ8分になんなんとする長丁場を一瞬たりともダレさせない。

Cユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ
 ドン・レイとジーン・デ・ポールの共作。1941年の作品だが1950年代以降モダン・ジャズの名演の数も多く、ソニー・ロリンズ、エリック・ドルフィーがその代表格か。歌では何といってもビリー・ホリデイ。トム・ガーヴィンが凝ったアレンジを施しており、デニースは管楽器とともに完全にこのアンサンブルのなかに融け込んでいる。

Dア・スリーピン・ビー
 作家のトルーマン・カポーティが作詞、ハロルド・アーレンが詞の修正と作曲。1954年のミュージカル『ハウス・オブ・フラワーズ』にフィーチャーされた。デニースは第一コーラスを丁寧に歌いこんだあと、第二コーラス以降は自在のアドリブもまじえながらカーメン・マクレエにも通じるどっしりとしたスウィング感を披露する。

E悲しみのクラウン
 作詞作曲スティーヴン・ソンドハイム。1973年のミュージカル『ア・リトル・ナイト・ミュージック』にフィーチャーされた。繊細なボサノヴァのリズムの上をデニースの歌声が揺蕩う。原曲の進行を再構成したトム・ガーヴィンが美しいピアノ・ソロを聴かせる。

Fジス・イズ・ニュー
 アイラ・ガーシュウィン作詞、クルト・ワイル作曲。1941年のミュージカル『レイディ・イン・ザ・ダーク』でフィーチャーされた。大家の作品だが玄人好みの渋いもので、ジャズ的発見はずっとあとのことになる。デニースの着眼意図はハードバップ・コンボのサウンドへのチャレンジか。クレイ・ジェンキンズとボブ・シェパードのフロント2管とともにユニゾンで鮮やかに器楽的なフレーズを披露する。

Gイフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ
 バップ・エイジの名ピアニスト、タッド・ダメロン1946年の作品。カール・シグマンが詞をつけた。別れた恋人を慕う失恋の歌だが、そこに漂う気品はただ事ではない。エリントンにも通じる格調はデニースの好むところだろう。さらりと歌っているがこれをとりあげた選曲眼ですでに勝負あったというところ。ブライアン・スキャンロンのアルト・フルートがこの曲の味を一層ひきたてている。

Hドリーム・ダンシング
 コール・ポーターが作詞作曲し1941年の映画『ユール・ネヴァー・ゲット・リッチ(踊る結婚式)』にフィーチャーされた。フレッド・アステアとリタ・ヘイワースの共演映画だが、劇中ではインストルメンタル曲として扱われた。歌としてはアステアのレコードが最初。デニースはパーカッションも加わったサンバ調のアレンジにのって軽快なところを聴かせる。

Iア・ローリン・ボーリン・アリス
 トム・ガーヴィンのオリジナル。パット・クーパーが詞をつけた。アーシーな曲調をトムのアレンジが際立たせている。特にアンディ・マーティンのトロンボーンが見事。ナスティな語り調をデニースは捨て台詞の切れ味も見事に畳みかけてくる。こういう伝法なところも彼女の魅力で、この辺にぐっとくる方も多いだろう。

Jホエン・サマー・ターンズ・トゥ・スノー
 アラン&マリリン・バーグマン作詞、デイヴ・グルーシン作曲。ブラジル66時代のセルジオ・メンデスがアルバム『フール・オン・ザ・ヒル』で取上げていた。スロー・ボサの気だるいムードにのせてデニースは遣る瀬無い胸の中をしっとりと歌い上げていく。ピアノ・ソロやトロンボーンとアルト・フルートの低音2管アンサンブルが美しい。

Kアワー・ラヴ・ロールズ・オン(ボーナス・トラック)
 才人デイヴ・フリシュバーグが作詞作曲。ブルースではないがブルース・テイストが横溢する。デニースの美質である飾らない自然さがこの曲にあっているのか、歌にあらわれる人間的な大きさが魅力である。

 


 (2008年5月17日 小針俊郎)
上にもどる
 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。