『バック・トゥ・ザ・ボールルーム』 /    リッチー・カミューカ&バディ・テイト  Back to the Ballroom/ Richie Kamuca - Buddy Tate

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presentsジャズ・アルバム (インストゥルメンタル)>『ジス・イズ・パット・モラン』 /パット・モラン

『ジス・イズ・パット・モラン』 /
パット・モラン

This Is Pat Moran/
Pat Moran featuring Scott Lafaro
\2,625 (XQAM-1612) 原盤:
オーディオ・フィデリティー → Interplay
録音:1957年後半 ニューヨーク
>>購入する 13年ぶりの復刻

   スコット・ラファロの参加と美脚ジャケットで人気のピアノ・トリオの名盤が、13年ぶりにDSDマスタリングで復活
 


1. Makin' Whoopee/メイキン・フーピー>>試聴
2. In Your Own Sweet Way/イン・ユア・オウン・スウィート・ウェイ>>試聴
3. Onilosor/オニーロウソ>>試聴
4. Stella by Starlight/星影のステラ>>試聴
5. Someone to Watch Over Me/サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー>>試聴
6. Come Rain or Come Shine/降っても晴れても>>試聴
7. Blues in the Closet/ブルース・イン・ザ・クロゼット>>試聴
8. When Your Lover Has Gone/ホエン・ユア・ラヴァー・ハズ・ゴーン>>試聴
9. I Could Have Danced All Night/一晩中踊れたら>>試聴
10. Good-bye/グッドバイ>>試聴
11. Yesterdays/イエスタデイズ>>試聴
12. Blues/ブルース>>試聴
 
 


はじめに

 『ジス・イズ・パット・モラン』は、夭折のジャズ・ベーシスト、スコット・ラファロ(1936~1961)がビル・エヴァンスと共演する前に参加したアルバムとして、日本のファンの間で根強い支持を得てきた人気盤だ。人気の秘密は、ラファロの演奏する革新的なベース・ラインだけでなく、洒落たジャケット・デザインにもあり、ソニー・クラークの『クール・ストラッティン』(Blue Note)と並ぶ美脚ジャケットの傑作として、レコード・コレクターの間でも語り継がれてきた。
 これまで日本では何度も再発されてきたが、ラファロの活躍があまりに素晴らしいためか、ピアノ・ソロのトラックを除いてラファロ名義として『The Legendary Scott LaFaro』(テイチク ULS-1677-AF)と改題されて再発されたこともあるくらいだ。
 1960年『Jazz Review』誌(8月3日号)に掲載されたマーティン・ウィリアムズのインタビュー記事「Introducing Scott LaFaro」で、ラファロはこんな風に語っている。
“I don’t even like any of my records except maybe the first one I did with Par Moran on Audio Fidelity.”
基本的に自分のレコードは好きではないというラファロが「例外」と言い切ったこのアルバムは、ラファロ本人にとって、かなりの自信作だったことがうかがえる。

 昨年9月、Helene Lafaro-Fernandez著によるラファロ初の伝記『Jade Visions: The Life and Music of Scott Lafaro』(University of North Texas Press)が発表された。それを読むと、本作のリーダー、パット・モランの談話がいたるところで引用されている。パット・モランは、その後パティ・モラン・マッコイと改名し、現在もオレゴン州で健在であることがわかった。
 
 今回、本稿を執筆するにあたり、こちらで用意した質問状をパットに送り、彼女はそれに答えてくれた。ジャケット撮影の経緯や録音に関する情報、スコッティ(彼女はラファロをこう呼ぶ)の思い出など、知られざるエピソードや楽曲に関する有益な情報も多数得ることができた。まずはこの場を借りてミス・モランことパティ・モラン・マッコイに感謝の意を表したい。


パット・モランの証言


 アルバムのジャケットに写っている赤いハイヒールは、カペジオ社(世界的に有名なダンス・シューズ・メーカー)が提供したもので、写っている脚は私ではなく、会社専属の女性モデルのものです。靴メーカーにも興味をもってもらえるジャケットは、オーディオ・フィデリティー社から持ちかけられました。カペジオ社は、このアルバムを自社の広告に使おうと考えたようです。ジャケット撮影は、レコーディング終了後に行われました。背景にぼんやり写るベーシストとドラマーは撮影用の男性モデルで、スコッティとジーンではありません。
 録音はシカゴではなく、ニューヨークです。スタジオの名前は忘れました。ベヴ・ケリー(vo)と作ったアルバム『ベヴ・ケリー・シングス』(SSJ XQAM-1041)も同時期に録音しました。シド・フライ(オーディオ・フィデリティー社のオーナー)とは、当時の私たちのマネージャーだったジョー・デラニーを通して会いました。以前、私たちはベツレヘム・レコードからアルバムをリリースしましたが、その時もマネージャーのジョーを通じて契約しました。

 私は1934年12月10日、オクラホマ州のエニッドという町で生まれました。父はラグタイムのピアニストで、私が受けた最大の影響は父からのものです。子供の頃、耳から聴き覚えた音楽を、独力で演奏し始めました。12歳の時にはフィリップス・シンフォニーと初共演、16歳の時にも再度共演しました。コンサート・ピアニストになりたかったのです。ある夏、ニューヨークで高名なピアノ教師のエドウィン・ヒューズ(1884~1965)にも習いました。ヒューズ氏はバッハ、モーツァルトなどクラシックに関する著作を多数出しています。
 ベヴ・ケリーと会ったのは1954年頃、ともにシンシナティ音楽院に通う学生でした。当時、パトリス・モランという名のチェロ奏者と会ったのを契機に、ショウビジネスにふさわしい名前が必要だと思い。本名のヘレン・ミュジェットから、パット・モランに改名しました。

 当時はチェット・ベイカーやジェリー・マリガンらのモダン・ジャズが人気で、私もそれらを聴き始めた頃で、オスカー・ピーターソンのコンサートにも出かけました。私が初めて聴いたジャズのコンサートです。
 その後、小さなナイトクラブで演奏するようになり、ジャズを独学で体得しました。ジャム・セッションで共演しないかと誘ってくれる人がいれば、いつでも喜んで共演しました。もっとジャズを勉強したかったのです。
 ベヴと私は「ザ・モダネッツ」というデュオ・チームを結成、ベヴは歌だけでなくカクテル・ドラムを叩きました。スティーヴ・アレン司会の『トゥナイト・ショウ』に出演したのをきっかけに、ベースとドラムも加えようということになり、ザ・パット・モラン・カルテットが結成されました。そしてシカゴのアソシエート・ブッキング社とマネージメント契約をしました。
 全米各地を回る巡業が始まり、ニューヨークの『バードランド』ではカウント・ベイシー楽団の対抗バンドとして演奏しました。カルテットで歌も始め、アルバム『ポーギー&ベス』(ベツレヘム)ではメル・トーメと共演、ロサンゼルスのTVショウ『スターズ・オブ・ジャズ』にも出演しました。当時、この番組には多くのジャズ・ミュージシャンが出ていたのです。

 スコッティと初めてあったのは、ミズーリ州セントルイスのジャズクラブです。クラブの名前は覚えていません。スコッティはチェット・ベイカーのバンドで演奏するため、そこに来ていました。私はカルテットでのステージを終えたばかりでしたが、その夜のうちにすっかり打ち解けました。その次に会ったのはニューヨーク、『バードランド』で私が演奏している時でした。
 ザ・パット・モラン・カルテットは1957年頃に解散、それから私はスコッティ(b)とジーン・ギャメッジ(ds)とトリオを結成、しばらくの間シカゴの『クロイスター・イン』で演奏しました。当時の対抗バンドはラムゼイ・ルイスです。ラムゼイ・トリオのベーシストはエルディ・ヤング(1936~2007)で、スコッティとすぐ意気投合しました。エルディはレイ・ブラウンのような重厚なサウンドの持ち主、スコッティは革新的なスタイルで、聴いた人を驚かせたからです。
 1957年の夏に、ニューヨークの『ヒッコリー・ハウス』に出演しました。その時のリズム・セクションはジョン・ドーリング(b)、ジーン・ギャメッジ(ds)でしたが、スコッティは毎晩飛び入りにやってきました。この時、2週に1度、ラジオ(National Public Radio)でライヴ放送され、デューク・エリントン、マイルス・デイヴィス、ギル・エヴァンス、エロール・ガーナー、キャノンボール・アダレイといった著名なジャズ・ミュージシャンが、私の演奏を聴きにやってきました。
 このアルバムはその年の12月にスコットとジーンで録音しました。スコットは若くしてこの世を去りましたが、81歳のジーンは現在カリフォルニアのどこかで健在とのことです。

 1964年、私は食肉加工会社の子息で歌手のジョーディ・ホーメル(1928〜2006)と仕事をし、ニューヨークでアルバムを作りました。オーケストラとの共演作で、アレンジはJ.J.ジョンソンが担当しましたが、そのアルバムはいまだに未発表のままです。1959年からはテリー・ギブス(vib)と数年間、一緒に活動しアルバムも作りました。1966年、私はマイケル・マッコイと結婚、パティ・モラン・マッコイと再度改名しました。その後オレゴンに移住し、マリアン・マクパートランド(p)とのデュオ・コンサートもしましたし、彼女が司会をつとめるラジオ番組 『ピアノ・ジャズ』にも出たことあります。次第にジャズ・ゴスペルに興味を持ちはじめ、テネシー州やワシントンD.C.、カリフォルニアにある黒人教会で演奏し始めました。
 アンドレア・クロウチ教会にゲスト出演した時の演奏は、Brioレーベルからパティ・モラン・マッコイの名義で『Jesus in Paris』というCDになっています。彼の歌手たちと、ジミー・ハスリップ(b)、イエロー・ジャケッツのウィリアム・ケネディ(ds) と共演しました。『The Gospel Truth』(Brio)というソロ・アルバムも出しています。
 今はもっぱらポップスやゴスペルの曲を書いています。子供は五人(四男一女)、三人の息子は、演奏や作曲など、音楽の世界で活躍中です。


演奏と曲目について


 @ メイキン・ウーピー
 ガス・カーン作詞、ウォルター・ドナルドソン作曲による1928年の作品。同年のミュージカル『ウーピー』で、主演のエディ・キャンターが歌った。AABAの32小節。
 ミディアム・テンポのファースト・テーマはイン2で、サビのみ4ビートとなる。ソロはピアノが先発で2コーラス。前半はソニー・クラークを思わせるファンキーなタッチ、後半は16分音符を中心にバップ・フレーズを敷きつめる見事なソロだ。続いてベース・ソロが1コーラス。その後ブロック・コード主体のピアノで16小節のソロを取って、サビからラスト・テーマに入り、ラストのAはイン2、エンディングという構成。

A イン・ユア・オウン・スウィート・ウェイ
ピアニストのデイヴ・ブルーベックが書いた名曲のひとつ。ブルーベック自身の初演は1956年ニューポート・ジャズ祭でのライヴ。その数ヶ月前にソロ・ピアノでも録音している。ここでのラファロは、全音3個分の音程で構成された困難なフレーズをひとつのパターンとして、イントロ、インタールード、エンディングの3箇所で効果的に使っている。演奏はイントロがドラム4小節、ベース・パターン×2回。その後ファースト・テーマ。
 AABA32小節で、ピアノの1コーラスは実に端正。前述のベース・パターン×2回を経て、ベースの1コーラスは重厚と俊敏さが光り、そのままラスト・テーマとなり、エンディングもベース・パターン×4回でと続く。

B オニーロウソー
 トロンボーン奏者のフランク・ロソリーノのオリジナル。パット・モランによると、ラファロのためにロソリーノが特別に書き下ろした曲なのだという。タイトルはロソリーノ(Rosolino)の逆綴りにしたもので、本作以外の録音は見当たらない。ラファロのベースを大きくフィーチャーしたビバップ・チューンで、これを聴けば、なるほどラファロにとって「例外」であることに納得させられる。
 AABA32小節。うきうきする8小節のイントロの後、ファースト・テーマをベースが取り、そのまま2ーラスのソロに入る。管楽器奏者のような歌心溢れるソロは、新世代のレイ・ブラウンまたはオスカー・ペティフォードの登場を思わせる。続いてピアノの1コーラスもホレス・シルヴァーやジョン・ルイスを思わせ、ラスト・テーマもかなり崩してベースが取る。イントロと同じパターンの後で引用されるのは、ジョージ・ウォーリントンの名曲「ゴッドチャイルド」だ。

C 星影のステラ
 ネッド・ワシントン作詞、ヴィクター・ヤング作曲による1946年の作品。1944年のパラマウント映画「ジ・アンインヴァイテッド」で使われたが映画の主題歌としてはヒットせず、ひろく知られるようになったのは1946年、ヤングが自己のオーケストラが録音したレコードがヒットしてから。ここではピアノ・ソロ。コンサート・ピアニストを目指したというパットの証言にも納得させられる。

D サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー
 アイラ・ガーシュイン作詞、ジョージ・ガーシュイン作曲による1926年の作品で、ガートルード・ローレンス主演のミュージカル『オー、ケイ!』が初演。これもピアノ・ソロで、パットは歌詞を噛み締めるように情感をこめて弾いていくが、ジャズクラブよりホールのリサイタルにふさわしい演奏だ。

E 降っても晴れても
 ジョニー・マーサー作詞、ハロルド・アーレン作曲による1946年の作品。ミュージカル『セントルイス・ウーマン』でルビー・ヒルとハロルド・ニコラスが歌った。マーガレット・ホワイティング、ディック・ヘイムズとヘレン・フォレストの歌でも知られるが、もっとも有名なのはフランク・シナトラだろう。
 リズミカルなイントロはドラム4小節、ベース2小節、ピアノ2小節という構成。曲はABAB32小節。その後ファースト・テーマ。ピアノ・ソロが3コーラス、ベースが2コーラス、続いてピアノとドラムスの4小節交換で1コーラス、再びリズムカルなラスト・テーマへ。エンディングは最初のパターンと同じ。

F ブルース・イン・ザ・クロゼット
 ベースの巨人、オスカー・ペティフォードの作で正式な曲名は「Collard Greens and Black Eyed Peas」。日本では「ブルース・イン・ザ・クロゼット」のタイトルの方がよく知られている。初演は1953年。
 アフロ・リズムを刻むドラム4小節の後、ファースト・テーマをピアノとベースのユニゾンで12×2。ソロはピアノが先発で4コーラス、続いてベースが3コーラス。その後ピアノとドラムの4小節交換を5回。さらにブロック・コード中心のピアノ・ソロで2コーラス、ラテン・リズムのラスト・テーマで12×2となる。

G ホエン・ユア・ラヴァー・ハズ・ゴーン
 作詞・作曲ともにE・A・スワン(Einar Aaron Swan)による1931年の作品で、ジェームズ・キャグニーとジョアン・ブロンドエル主演のワーナー映画『ブロンド・クレイジー』で使われた。フォルティシモからピアニシモまで幅広い音量、力強いタッチも印象的なピアノ・ソロである。

H 一晩中踊れたら
 アラン・ジェイ・ラーナー作詞、フレデリック・ロウ作曲。1956年のミュージカル『マイ・フェア・レディ』でジュリー・アンドリュースが歌ったのが初演。イントロでラファロがギコギゴと弓を弾くが、この遅いテンポのイントロはマリオ・ランツァ(1921〜59)の歌唱で有名な「The Loveliest Night of the Year」。曲はAABA32小節。ファースト・テーマはトリッキーで、イントロと同じゆったりとしたワルツ・パートと、速い4ビートのパートが交互に登場する。ソロは急速調のままピアノが3コーラス、ホレス・シルヴァーとバド・パウエルにも影響を受けたパットらしさがよく出ている。続いてベースが1コーラス、ピアノとドラムの4小節交換で1コーラス。ラスト・テーマの最後でピーターソン・トリオのように一瞬テンポを落とすが、再びエンディングで加速という見事な構成。トリオの一体感がみなぎった快演だ。

I グッドバイ
なぜか別の曲名で、オーディオ・フィデリティーのシド・フライ社長とパットがクレジットされているが、ベニー・グッドマン楽団のクロージング・テーマ「グッドバイ」だ。1935年の作で作詞・作曲ともにゴードン・ジェンキンス。ピアノ・ソロで、パットは孤独や寂しさをピアノの一音一音にこめていく。

J イエスタデイズ
 オットー・ハーバックの作詞、ジェローム・カーンの作曲による作品で、1939年のミュージカル『ロバータ』挿入歌として書かれた。曲はAB16小節。最初はルバートのしっとりとしたピアノ・ソロで始まり、40秒経過したところから突然コンサート・ピアニストのようになる。1コーラス、ルバートで弾いた後、ベースとドラムも加わってファースト・テーマ。急速調のままソロはピアノが4コーラス、ベースが2コーラス。続いてピアノとドラムのスリリングな4小節交換で1コーラス、再びブロック・コード中心のピアノ・ソロで2コーラス、ラスト・テーマとなる。これも快演。 

12. ブルース
 シドニー・フライとパット・モランとの共作とあるが、モランが即興で書いたブルース。レーベル・オーナーの職権でフリーも作者に名を連ねた。
 ミディアム・テンポでファースト・テーマは12小節×2。ソロはシングル・トーン中心のピアノ、ベースがそれぞれ4コーラス。その後、再びピアノ(ブロック・コード中心)で3コーラス、ラスト・テーマと続く。

(2010.7.25. 後藤 誠 )
上にもどる

 

 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。