『シンギン、スウィンギン、ジャジン SSJ/オムニバス』/
オムニバス Singin, Swingin’ Jazzin’ SSJ/Omnibus

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presentsコンピレーション>『シンギン、スウィンギン、ジャジン SSJ』/オムニバス

『シンギン、スウィンギン、ジャジン SSJ』/
オムニバス
Singin, Swingin’ Jazzin’ SSJ/
Omnibus
\1980 (XQAM-1901) 原盤:SSJ
  SSJレーベルの代表的な
ヴォーカリストの揃い踏み。
ビヴァリー・ケニーやキャロル・スローンら
人気シンガーの未発表音源を
6曲収録しながら、
1980円という廉価価格。
>>購入する  

  ヴォーカル・アルバムの復刻・発掘を中心に音楽的クオリティーを重視してリリースしている 発足4年目に入った
SSJレーベル。そのヴォーカリストたちを俯瞰する入門者向けコンピレーション。 ただし、未発表を6曲、日本を初発売1曲を収録しており、マニアにとっても見過ごせない1枚だ。
 



 

■トラック1
イッツ・ユア・ダンス >>試聴 (日本未発表曲) 
トロンボーン奏者で作編曲家のジョン・キャリシが作りマイルス・デイヴィスの『クールの誕生』で演奏された「イスラエル」にレイ・パスマンが歌詞をつけた。バックはジョン・ハート(g)、フランク・キムブロー(p)、ハーヴィー・スウォーツ(b)、ロン・ヴィンセント(ds)で、ゲストのリー・コニッツ(as)がフィーチャーされる。1998年録音。
ダイアン・ハブカ (Diane Hubka)
ニューヨーク州生まれのチェコ系アメリカ人シンガー/七弦ギタリスト。メリーランド大学時代にジャズに開眼し、卒業後ワシントンDCやニューヨークで歌い、2003年にロスに拠点を移して今日に至っている。2007年4作目アルバム『ザ・ルック・オブ・ラヴ』(XQAM-1504)で俄然日本でも注目。

■トラック2 
ユー・ステップト・アウト・オブ・ア・ドリーム >>試聴 (未発表曲)
1940年にガス・カーンが作詞、ナシオ・ハーブ・ブラウンが作曲。バンド・リーダー/サックス奏者のラリー・エルガートのプロデュースで1959年に録音された。リード・ギターはバッキー・ピザレリ、リズム・ギターはラルフ・パット、トランペットはマーク・マーコウィッツ。
キャロル・スローン (Carol Sloane)
1937年ロードアイランド州生まれ。1958年にラリー・エルガート楽団に入団し1960年に退団、翌61年のニューポート・ジャズ・フェスティバルでセンセーションを巻き起こした。1975年の自費出版アルバム『サブウェイ・トークンズ』がきっかけとなって、日本でもっとも人気のある白人女性ジャズ・シンガーとして今日に至っている。

■トラック3
メイキン・フーピー  >>試聴 (未発表曲)
ソースは1958年のTVショウ。1928年にガス・カーンが作詞、ウォルター・ドナルドソンが作曲した小唄。
ビヴァリー・ケニー (Beverly Kenney)
1932年ニュージャージー州生まれで1960年に自殺したが、日本ではなぜか「ホテルで焼死した」と伝えられてきた。クールな美貌と確かな歌唱力で日本での人気は今も絶大だが、正規のアルバムは6枚しか残さなかったので、2006年に未発表のデモ録音を収録した『二人でお茶を+1』(XQAM-1003)がリリースされた時はファンを狂喜させた。

■トラック4
ゼアズ・ノー・ユー >>試聴 『ヒア・カムズ・キャロル・クレヴェリング+2』(XAQM-1021より
伴奏はビル・ベイカー(p)、ジミー・ワイブル(g)、ジャック・コフラン(b)、ボブ・ノリス(ds)、ミルト・ラスキン(perc)。1955年録音。1944年にトム・アデアが作曲、ハップ・ホッパーが作曲し、翌45年にジョー・スタッフォードが紹介した。
キャロル・クレヴェリング (Carole Creveling)
キャリアも消息もまったく不明の、まさに幻のシンガーだったが、2007年にいろいろなことが判った。1938年オクラホマ州生まれ。ロス近郊のラグナビーチに移り、この地のレコード店経営者のプロデュースで行われたのが彼女唯一の上記アルバムだが、録音当時は17歳の高校生だったという。翌56年にシングル盤を1枚吹き込んだが、歌の世界には進まなかった。

■トラック5
蜜の味 >>試聴  『フランキー・ランドール・ウェイ+1』(YKJC-309)より
編曲はシナトラが信頼を寄せたビリー・メイだから悪いはずがない。1966年録音。1960年にリック・マーロウが作詞、ボビー・スコットが作曲して、1965年のハーブ・アルパートとティファナ・ブラスのA&M盤が大ヒットした。
フランキー・ランドール (Frankie Randall)
1938年ニュージャージー州生まれのイタリア系アメリカ人。高校時代から弾き語りによるピアノ・トリオを率い、18歳でルーレットからレコーディング・デビュー。1964年RCAと長期契約を結び5枚のアルバムを発表した。現在もシナトラ直伝の歌で忙しい日々を送っている。

■トラック6
イン・ウォークト・バド >>試聴  『ネイチャー・ボーイ+2』(XQAM-1510)より
ジェラード・ヘイゲン(p)、ドメニク・ジェノヴァ(b)、ジェリー・ケイラフ(ds)、ロブ・ロッカート(ts)、ロン・スタウト(tp)をバックに、2008年の録音。作曲家としても秀でていたセロニアス・モンク(p)の作品。作詞はジョン・ヘンドリックス。バドはもちろんバド・パウエル(p)のこと。
レスリー・ルイス (Leslie Lewis)
1958年ニュージャージー州生まれの黒人シンガー。ジャズ・ファンだった父親の影響で幼少からジャズに親しみ、19歳でプロ・デビューした。尊敬するシンガーはカーメン・マクレイとエラ・フィッツジェラルド。

■トラック7
ハウ・アバウト・ミー? >>試聴 (未発表曲)
ルー・リーヴィ(p)、モンティ・バドウィック(b)、フランク・キャップ(ds)をバックに1960年に録音。アーヴィング・バーリン1928年の作詞作曲。
ジョニー・ホリデイ (Johnny Holiday)
1924年シカゴ生まれの白人クルーナー。ダークなムードと危険な香りを漂わせ、もうひとりのジョニー(・ハートマン)を彷彿とさせる。パシフィコ、キャップ、モードに続いて1961年に最高傑作『ブルー・ホリデイ(+1)』(XQAM-1014)を吹き込んだ。80歳を越えた現在も声の艶、音域、リズムへの乗りにまったく衰えがないのは驚異だ。

■トラック8
ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ >>試聴 『ユーヴ・チェインジド』(XQAM-1508)より
ビリー・ホリデイのレコードも素晴らしいが、遅咲きのメロニーの歌には格別の味わいがある。バックはクリスチャン・ジェイコブ(p)、ケヴィン・アクスト(b)、ケヴィン・ワイナード(ds)。1941年にドン・レイとジーン・デポールが協力して作った作品で、コメディー映画『凸凹空中の巻』に挿入された。
メロニー・アーヴァイン (Mellonie Irvine)
1957年ハリウッド生まれ。シナトラやトニー・ベネット、ディーン・マーティンらを聞いて育ち、15歳の時に観た映画『ビリー・ホリデイ物語 〜 奇妙な果実』でダイアナ・ロスに魅了され歌手を志した。“21世紀のトーチ・シンガー”とも形容される、貴重な存在だ。

■トラック9 
ソングバード スカイラーク >>試聴 (未発表曲)
「ソングバード」はルーニス・マクグロホンの作品。「スカイラーク」はジョニー・マーサー作詞、ホーギー・カーマイケル作曲の1942年作品。伴奏はトム・ガーヴィン(p)、トム・ウォリントン(b)、スティーヴ・ホートン(ds)。2004年録音。
デニース・ドナテッリ (Denise Donatelli)
ペンシルバニア州出身。1980年代後半ジョージア州アトランタ時代にプロ・デビュー、2000年にロスに移り大いに注目されるようになった。バラードも器楽的アプローチによるスイング・ナンバーも見事にこなす実力派。2008年『オン・グリーン・ドルフィン・ストリート+1』(XQAM-1509)で日本デビュー。

■トラック10
ベサメ・ムーチョ >>試聴 『コートにすみれを+1』(XQAM-1502)より
元来は情熱的なラヴ・ソングだが、リンカーンは囁くようにクールに歌っている。1988年録音。1941年にメキシコのコンスエロ・ベラスケスが作詞作曲したラテン・ナンバーで、1943年にサニー・スカイラーが英詞を書き米国にも広まった。
リンカーン・ブライニー (Lincoln Briney)
1964年サンフランシスコ郊外のユーレカ生まれ。コーラスが好きだった母親の影響で歌に興味を示し、“スピーチ・レベルで歌う”独特のスタイルはボサノヴァにうってつけだ。歌手には珍しく195センチという長身。

■トラック11
ユー・アー・フォー・ラヴィング  >>試聴 (未発表曲)
2001年のアルバム『レイン・サムタイムズ+1』(YKCJ-305)の未発表トラックで、伴奏はリチャード・ロドニー・ベネット(p)とボブ・メイズ(b)。ラルフ・ブレインとヒュー・マーティンが共作し、ミュージカル映画『若草の頃』(1944)のブロードウェイ・リヴァイバル1960年の(『ミート・ミー・イン・セントルイス』)に使われた。
ピンキー・ウィンターズ (Pinky Winters)
1954年のデビュー・アルバム『ピンキー』で名高い、1931年ミシガン州生まれのベテランそして現役歌手。結婚・出産・離婚等で長い時期シーンから遠ざかっていたが、1980年にカンバックし、抑制された中にもしっとりとした大人の味わいを醸し出せる数少ない実力派。

■トラック12
イフ >>試聴 (未発表曲)
ディック・ノエル唯一のアルバム『ア・タイム・フォー・ラヴ+1』(XQAM-1027)セッションの未発表曲。ピアノはラリー・ノヴァック、1978年録音。デイヴィッド・ゲイツが作詞作曲した美しいバラードで、1971年彼が率いるブレッドのレコードがビルボード・チャートの4位にランクイン。
ディック・ノエル (Dick Noel)
1927年ニューヨーク・ブルックリン生まれ。1947年にアーサー・ゴッドフリーのタレント・スカウト・ショウで優勝し、プロとして本格的なスタートを切ったが、ラジオやTVのコマーシャル・ソングの世界に転進しその世界の第一人者として多忙を極めたため、その力量に比して知名度はまことに低い。

■トラック13
降っても晴れても >>試聴 『ア・ウーマン・イン・ラヴ+2』(XQAM-1016)より
ビリー・テイラー(p)、ジョニー・ウィンドハースト(tp)、ジミー・シャーリー(g)、アール・メイ(b)、パーシー・ブライス(ds)をバックにしっとりと歌う。1955年録音。1946年にブロードウェイ・ミュージカル『セントルイス・ウーマン』のために、ジョニー・マーサーが作詞、ハロルド・アーレンが作曲した。
バーバラ・リー
1929年ミシガン州デトロイト生まれの仏系アメリカ人で、ボストンの女子大学で音楽理論を専攻し、卒業後プロ歌手としてデビュー。1954年のシングル盤がリヴァーサイド・レーベルに認められ、初アルバム『ア・ウーマン・イン・ラヴ』を発表して注目を集めた。その後女優となったが、1970年代に歌の世界に復帰し、オーディオファイルからコンスタントにアルバムをリリースしてきた。

■トラック14  
シー >>試聴 『帰り来ぬ青春』(XQAM-1002)より 
1974年に録音されたJJの代表作のひとつシャルル・アズナヴール作品集からの1曲。英国BBCのTVシリーズ『ザ・フェイセズ・オブ・ウィメン』に使われた曲で、ハーバート・クレツマーが作詞、シャルル・アズナヴールが作曲した。
ジャック・ジョーンズ (Jack Jones)
1938年ハリウッド生まれ。父はシンガー/俳優のアラン・ジョーンズ、母は女優のアイリーン・ハーヴェイ。高校時代にシナトラのライヴに接してシンガーを志し、1961年「あめん棒とバラ」、1963年「ワイフと恋人」でグラミー賞を受賞。正統的なスタンダード・シンガーとして現在も第一線で活躍中。

■トラック15
赤とんぼ >>試聴 『クリスチャン・ジェイコブ・トリオ・ライヴ・イン・ジャパン+1』(XQAM-1506)より
最後はインスト曲。2007年10月Tokyo TUCでのライヴ録音。「春」「夏の思い出」「雪の降る街を」とともに日本の四季四部作として演奏された。バックはレイ・ブリンカー(ds)、トレイ・ヘンリー(b)のレギュラー・メンバー。山田耕筰作曲。
クリスチャン・ジェイコブ (Christian Jacob)
1958年フランルのロレーヌ地方に生まれたジャズ・ピアニスト。12歳でパリのコンセルバトワールに入学しピアノ・コースを主席で卒業したが、ジャズへの思い断ちがたくボストンのバークリー音楽院に入り、ゲイリー・バートン(vib)やメイナード・ファーガソン(tp)の知遇を得て大きく羽ばたいた。今最も期待されているピアニストのひとり。

 


(2009.1.30. 三具保夫)
上にもどる
 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。