『レイン・サムタイムズ+1』/ピンキー・ウィンターズ Rain Sometimes + 1/ Pinky Winters

フランク・シナトラ Frank Sinatra SSJ Presents CD

sinatra society of japan

Frank Sinatra フランク・シナトラ

スタンダード・ヴォーカル、ジャズ・ヴォーカルのトップ・スター=フランク・ シナトラ。
シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン(Sinatra Society of Japan)は、 1981年12月13日、
シナトラの67歳の誕生日の前日、 つまりアメリカ時間で当日に、 熱心なシナトラ・ファン4人によって設立されました。

topchronologydiscographyfilmographybest 10interviewsSSJ presentsfan clubshopblogmail

SSJ presents shop

misic bird

amazon

天然石 パワーストーン

 

sinatra society of japan
TOPSinatra Society of Japan presentsスタンダード・ヴォーカル・アルバムの復刻・発掘>『レイン・サムタイムズ+1』/ ピンキー・ウィンターズ


『レイン・サムタイムズ+1』/
ピンキー・ウィンターズ
Rain Sometimes + 1/ 
Pinky Winters
特別価格
 (YKCJ-305)
セラードア原盤
2001録音 日本初CD化・未発表作追加
>>購入する  

   長年にわたって根強い人気を誇るピンキー・ウィンターズが歌う珠玉のラヴ・バラード集。サー・リチャード・ロドニー・ベネット(ピアノ)とのコラボレーションが知的でハート・ウォーミングな味わい深い愛の世界を描き出している。未発表の「ザ・ランプ・イズ・ロー」が貴重だ。
 

1. Let's Take The Long Way Home/レッツ・テイク・ザ・ロング・ウェイ・ホーム>>試聴
2. My Melancholy Baby/マイ・メランコリー・ベイビー >>試聴
3. Where Have You Been?/ホエア・ハヴ・ユー・ビーン>>試聴
4. He's My Guy/ヒーズ・マイ・ガイ>>試聴
5. Why Can't I?/ホワイ・キャント・アイ>>試聴
6. I Only Want Some/アイ・オンリー・ウォント・サム>>試聴
7. Rain Sometimes/レイン・サムタイムズ>>試聴
8. Little Did I Dream/リトル・ディッド・アイ・ドリーム>>試聴
9. There's No Such Thing As Love/ゼアズ・ノー・サッチ・シング・アズ・ラヴ>>試聴
10. Sweet William/スウィート・ウィリアム>>試聴
11. Early To Bed/アーリー・トゥ・ベッド>>試聴
12. No More/ノー・モア>>試聴
13. Here I Am In Love Again/ヒア・アイ・アム・イン・ラヴ・アゲイン>>試聴
14. Put Your Dreams Away/プット・ユア・ドリームズ・アウェイ>>試聴
15. The Lamp Is Low (unreleased) /ザ・ランプ・イズ・ロー(未発表)>>試聴
 

 ピンキー・ウィンターズは、1954年にヴァンテッジ・レーベルへ録音した十吋LP「ピンキー」がコレクターの間では何万円という高値で取引され、ズート・シムスなどとの未発表だったテープなどを加えてCD化されたアルバムもロング・セラーとなっている、知る人ぞ知る素晴らしいジャズ・シンガーだ。今回「シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン・プレゼンツ」のシリーズで本アルバムが日本で出ることになり、喜んでいるファンも多いだろう。誰よりもピンキー本人が大喜びだ。というのは、彼女も子供の頃から、シナトラの大ファンだから。子供の頃、大きなスクラップ・ブックを買って白いカヴァーを付け、そこにシナトラのファン向けの雑誌から切り取った彼の大きなサインを貼り付け、シナトラに関する新聞や雑誌の記事や写真をスクラップして集めていた。何処かへ失くしてしまったが、今持っていたら良い思い出になっていたのに、と残念だという。パートナーだったピアニストのルー・リーヴィーがシナトラの伴奏者だったこともあるので、その後、シナトラ本人とも何度か顔を合わせているという。

  本アルバムは、彼女のファンの音楽ジャーナリスト、ビル・リード氏のプロデユースで2001年9月に吹き込まれたもので、「オリエント急行殺人事件」「魅せられて四月」など多くの映画音楽を書いたピアニストで自分でも歌うサー・リチャード・ロドニー・ベネットと、先ごろ惜しくもなくなった名ベーシスト、ボブ・メイズのバック・アップを得て、大変味わいのある選曲によるナンバーを歌った彼女の最新作だ。キャロル・スローンも云っているように、彼女は、その特徴のある声、素晴らしいディクションとイントネーション、心地良いスイング感、歌の解釈、その表現の上手さ、など何処をとっても第一級だ。まさに、円熟の域に達したシンガーといえるだろう。ピンキーは、彼女のコンサートを、シナトラが40年代に彼のラジオ・ショウのクロージング・テーマで歌っていた「プット・ユア・ドリームズ・アウェイ」で閉めることが多いが、本アルバムでもこの歌を最後に歌っている。子供の頃から歌っていた好きな歌の一つだという。ルー・リーヴィーも彼のソロ・アルバム「バイ・マイセルフ」の最後にこの歌を弾いていたのが思い出される。今回の日本盤には、アメリカ盤には収録されなかった「ザ・ランプ・イズ・ロウ」がボーナス・トラックとして付くことになった。

  ピンキー・ウィンターズは、歌手としての長い経歴にもかかわらず、レコードの数も比較的少なく、どちらかというと地味な存在だが、先輩や同輩のシンガーやミュージッシャンには大変好かれ高く評価されてきたシンガーだ。勿論、一般の根強いファンも沢山いる。最近の彼女は、シンガーとしてのピークに達して新たな境地を開いたように、歌を楽しむ中で、聴衆に感銘を与えている。サンタ・モニカの「ザ・ヴィックス」とかロスアンジェルスの「シェラトン・フォー・ポインツ」等で歌っている。ピアノのトム・ガーヴィン、ジョン・ハモンド、ジェーン・ゲッツなどのトリオと歌うことが多い。

  ピンキー・ウィンターズは、本名をフィリス・ワズニァックといってインディアナ州のミシガン・シティに生まれた。4歳の頃からピアノを習い始め、16歳の頃までピアノを弾いていた。15歳の頃、初めて聞いたサラ・ヴォーンは大変印象深かったという。高校卒業後就職するが、やがて辞めて女友達と歌う機会を求めて、より大きな町デンヴァーへ行く。そこのクラブ「ダンテズ・インフェルノ」に飛び入りで歌わせてもらい、その時のバンドに受け入れられる。名前も以前から考えていた本名のイニシャルからとったピンキー・ウィンターズに変える。その時のピアノが、後にジャズ・エデュケーターとして有名になるディック・グローヴだった。そして、ベースは、彼女がすぐ恋に落ち結婚するジム・ウルフだった。この二人のバンド仲間は、ロスアンジェルスへ移り、後に、ピンキーも呼ばれて、1953年にロスへ移る。ロスでは、スタン・リーヴィー、バド・レヴィンなどと歌っていた。1954年に前記の初の十吋のアルバム「ピンキー」をヴァンテッジ・レーベルに吹き込んだ。そして、1959年には、「ロンリー・ワン」をジェリー・ウィギンズ(p)チコ・ハミルトン(ds)ハワード・ロバーツ(g)などとアーゴ・レーベルに録音した。

  ジム・ウルフと離婚して、娘を育てるため、昼間の事務所での仕事に就いて働いていたが、そのうち、NBCのスタッフでサックス・プレイヤーのボブ・ハードウェイと出会い結婚して、二人目の娘をもうける。しばらく音楽とは遠ざかっていたが、1980年にサックスのラニー・モーガンに進められてステージに復帰する。その時のピアニストがルー・リーヴィーだった。1980年にボブ・ハードウェイと離婚、1982年からは、ルー・リーヴィーと彼が1990年に亡くなるまで一緒に生活していた。ルー・リーヴィーは、シナトラをはじめ、ペギー・リー、エラ・フィッツジェラルドなどの伴奏を勤めた名ピアニストだ。1985年にルーと一緒に「レッツ・ビー・バディーズ」をいうアルバムを作る。そして、1994年には、フランス・ヴァーヴ・レーベルから「ジス・ハッピー・マッドネス」という大変味わい深いアルバムを発表する。残念ながらこのアルバムはユニヴァーサルとの合併の騒ぎなどと重なってすぐ廃盤になってしまった。ピンキーは、ルー・リーヴィーと一緒にオランダの有名なメトロポール・オーケストラに呼ばれて、1999年アムステルダムを訪ね、オーケストラと録音を行なった。これが、1999年にKOCHレーベルからCD「アズ・ロング・アズ・ゼア・イズ・ミュージック」というタイトルで発表になっている。
  ピンキーは、好きな歌手としては、シャーリー・ホーンを、好きなプレイヤーとしては、サックスのアル・コーンを挙げている。







【 曲目 】

(1)レッツ・テーク・ザ・ロング・ウェイ・ホーム
 ジョニー・マーサー作詞、ハロルド・アーレン作曲。1944年のビング・クロスビーとべティ・ハットン主演の映画「ヒア・カム・ザ・ウェーヴス」の中で歌われた。ピンキーは、リチャード・ロドニー・ベネットのスインギーなピアノに乗ってロマンチックなムードの中でドリーミーに歌っている。

(2)マイ・メランコリー・ベイビー
 ジョージ・A・ノートン作詞、アーニー・バーネット作曲。1912年の作品。当初は、ジーン・オースティン、ビング・クロスビーなどでヒットした。ピンキーは、悲しげな相手を慰めるがごとく、優しさ溢れる歌で聞かせる。この歌には二種類のヴァースがあるが、この二つのヴァースを巧みに使い分けて歌っているところも注目。この歌の代表的なヴァージョンといえるかもしれない。

(3)ホエア・ハヴ・ユー・ビーン
 コール・ポーター作詞作曲。1930年のミュージカル「ザ・ニューヨーカーズ」の中の歌。当初、エミール・コールマン楽団のレコードでヒットした。ピンキーは、悲しみの中に突然現れた恋人との再会の喜びをミディアム・テンポでスイングする伴奏に乗って上手く表現する。

(4)ヒーズ・マイ・ガイ
 ドン・レイとジーン・デ・ポール作詞作曲。1942年の作品。ハリー・ジェームス楽団で歌うヘレン・フォレストの歌でポピュラーになった。ピンキーは、ペギー・リーのヴァージョンが好きだという。「彼は、私の男、彼は、私に無頓着だけど、そうしようと思ってしてるわけじゃない、時々、私を笑顔で抱きしめてくれる...彼は、死ぬまで私のもの」とピンキーは、ゆったりとしたテンポで蕩けそうに甘く歌う。

(5)ホワイ・キャント・アイ
 ロレンツ・ハート作詞、リチャード・ロジャース作曲。1929年のミュージカル「スプリング・イズ・ヒア」の中の作品。1962年のドリス・デイ主演のミュージカル映画「ジャンボ」での方が有名だ。「どうして私だけ一人ぼっちなのだろう」と寂しい夜を嘆く歌をピンキーは、しっとりと歌う。リチャード・ロドニー・ベネットのバック・アップが素晴らしい。

(6)アイ・オンリー・ウォント・サム
 ジェリー・ライバー作詞、マイク・ストーラー作曲。「ハウンド・ドッグ」「ジェイルハウス・ロック」「スタンド・バイ・ミー」などを書いたチーム。この歌もシャーリー・バッシーが歌っていた。「あなたのすべての愛を欲しいとは思わない、少しだけで良いの」とピンキーは軽快なテンポで「サム」を強調するように明るく歌う。

(7)レイン・サムタイムズ
 アーサー・ハミルトン作詞作曲。「クライ・ミー・ア・リヴァー」の作者として有名だ。この歌もハダ・ブルックスをはじめ、ナンシー・ウィルソン、ペギー・キングなどの歌手が録音している。「雨に降り込められたり、お金を損したり、いやなことも時々ある、けど楽しい嬉しいことも時々ある、あなたと私の愛は、時々ではなくていつもなのね」といった楽天的な心温まるようなラヴ・ソングを心地よく聞かせてくれる。

(8)リトル・ディッド・アイ・ドリーム

ジョニー・マンデルが書いた「ハーシー・バー」という曲にデイヴ・フリッシュバーグが詞をつけたもの。「私の考えていた将来の中に貴方が現れるとは、全く予想もしてなかった」という、恋人との邂逅の喜びを、ピンキーは、軽快にスインギーに歌う。

(9)ゼアズ・ノー・サッチ・シング・アズ・ラヴ
アンソニー・ニューリー作詞、イアン・フレーザー作曲。「ラヴなんてものは、無いわ、あなたがさよなら、といってしまって束の間のゲームみたいなものなのね」と失われた恋の痛手をピンキーは、しっとりとしたムードで歌っている。

(10)スウィート・ウィリアム

ジョー・シャーマン作詞、シド・ウェイン作曲。アン・バートンが「フォー・ラヴァーズ・アンド・アザー・ストレンジャーズ」のアルバムの中で歌っていたのを聞いた人が多いだろう。スウィート・ウィリアムとは、なでしこの花の一種、「恋人の百合の花を子供がつんで持っていってしまった。ある朝、水滴のついたスウィート・ウィリアムを見たら、それは、朝露ではなくて、涙なのよ」という美しい失われた恋の歌。ピンキーは、憂いを含んだ表現でしっとりと歌う。

(11)アーリー・トゥ・ベッド
 フランクリン・アンダーウッド作詞、リチャード・ロドニー・ベネット作曲。「もう昔のように真夜中まで、チャチャやマンボやらを踊り狂うことは出来ない、早く帰って早寝早起き」といった年をとって健康的な生活に目覚めた人を歌う愉快な歌をピンキーは、楽しく歌う。

(12)ノー・モア
トゥティー・カマラタ作詞作曲。カマラタの伴奏で歌ったビリー・ホリデイ、ロレツ・アレキサンドリア、ヴィック・ダモンをはじめ、カーメン、クリスティ、ジェリ・サザンなど多くの歌手が録音している。前の曲と反対に、愛の終わりを歌う暗い陰気な歌だが、ピンキーは、沈んだムードの中に希望を求めるような見事な表現力を見せる。

(13)ヒア・アイ・アム・イン・ラヴ・アゲイン
チャールス・F・スイーニー・ジュニア作詞、ムース・チャーラップ作曲。ムースは、ピアニストのビル・チャーラップの父親だ。ピンキーは、恋の不思議さをスローなテンポで考えるがごとく歌っている。

(14)プット・ユア・ドリームズ・アウェイ
ルース・ロウ、ステファン・ウェイス、ポール・マン作詞作曲。フランク・シナトラが彼のラジオ番組のクロージング・テーマで使っていた歌。ピンキーは、リチャード・ロドニー・ベネットの素晴らしい伴奏でヴァースから入り「ビューティフル」と叫びたくなるような歌で聞かせる。

(15)ザ・ランプ・イズ・ロウ
ミッチェル・パリッシュ作詞、ピーター・デ・ローズ、バート・シェフター作曲。ラヴェルの「死せる王女のためのパヴァーヌ」をベースに書かれたという。素晴らしい一日が過ぎて、夜、明かりを落として愛し合う二人、といったロマンチックな情景が目に浮かぶようなソフトな語り口のピンキーの歌だ。今回追録された嬉しい未発表曲。



(高田 敬三)
上にもどる
 

Copyright (C) シナトラ・ソサエティ・オブ・ジャパン:本サイトで掲載の全ての記事・写真の無断転載を禁じます。